アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • たけし原案『キッズ・リターン』再び! 平岡祐太×三浦貴大W主演で10年後を描く

たけし原案『キッズ・リターン』再び! 平岡祐太×三浦貴大W主演で10年後を描く

 金子賢(36)と安藤政信(38)の主演で17年前に公開された北野武監督(66)の第6弾作品『キッズ・リターン』(1996)の“10年後”が、新たに俳優・平岡祐太(28)と三浦貴大(27)をW主演に迎えて映画化されることが18日、わかった。マサルとシンジの運命の再会、友情、男の約束が北野監督の“愛弟子”清水浩監督(49)の手により『キッズ・リターン 再会の時』(10月12日公開)として描かれる。

 プロボクサーとなったシンジ(安藤→平岡)と、ヤクザを選んだマサル(金子→三浦)はそれぞれの道で大きな壁にぶつかり挫折。その後、10年間会うこともなかった二人は偶然の再会を果たす。ボクシングを辞めアルバイト生活をを送るシンジと、出所しても再びヤクザに戻ったマサルが互いに刺激を受け、再び這い上がろうと苦悩する。

 平岡は「魅せるボクシングより本当に強いボクシング」を目指して3ヶ月以上に及ぶ本格トレーニングを積み、プロボクサー顔負けの肉体とボクシング技術を体得。自らを追い込み「トレーニングが自信となって、いままでにないボクシングシーンになっている」と胸を張る。今回の抜てきに「信じられない気持ちが大きい」というが、「とても多くの方々から愛された伝説的な作品だと思いますので、前作を凌ぐものにしたい」を意気込む。

 裏社会に飛び込んだマサルを熱演する三浦も大役に「非常に不安でした」と本音をこぼす。今回のマサルを「ある意味で心がからっぽな人物であり、その中で、かつての親友であるシンジが、彼の唯一の希望だった」と自分なりに解釈し「この作品は二人の男の物語です。この二人の関係性は、あまり言葉にせず、直感で感じてもらえたら」と呼びかけている。

 今回から新たな登場人物も加わり、シンジを陰で支えつづけるマナミ役に倉科カナ(25)、マサルの弟分ユウジ役に中尾明慶(25)、ボクシングジムのトレーナー役に小倉久寛(58)、マサルのオジキ役に杉本哲太(47)、ジムの会長役にベンガル(61)らが参加。さらに池内博之、市川しんぺーらが脇を固める。

 メガホンをとった清水監督は『ソナチネ』(93)から『BROTHER』(00)まで北野組で実に7作品の助監督を担当。今回、監督5作品目で「負けるかもしれないけど、リターンマッチしてみるかって少しでも思ってもらえたら」と、満を持して師匠の名作を復活。

 今回は“原案”として参加したビートたけしは「清水監督のイメージに沿って自由にやってみればいいんじゃない」と全幅の信頼を寄せており、「映画は基本的に監督のものだからさ。公開を楽しみにしているよ」と期待を込めた。前作から17年、あれから10年後の物語がどう描かれるのか注目だ。



オリコントピックス