アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 八千草薫・檀れい・芦田愛菜が3人1役 柴田トヨさんの半生を映画化

八千草薫・檀れい・芦田愛菜が3人1役 柴田トヨさんの半生を映画化

 90歳から創作を始め、多くの人に生きる勇気を与える詩を生み出し、101歳で亡くなった詩人・柴田トヨさんの半生を描く映画『くじけないで』(深川栄洋監督、11月公開予定)の新キャストが発表された。女優・八千草薫演じる柴田トヨの若い頃を檀れい、幼い頃を芦田愛菜が演じる。各世代を代表する女優3人1役の競演に期待が高まる。

 同映画は武田鉄矢演じる長男・健一との母子の物語を軸に、詩を書き始めたきっかけのエピソード、詩集の背景になった家族のドラマなど、彼女の半生を、詩に込められた想いと共に描く。

 ほかに、健一を献身的に支える妻・静子に伊藤蘭、トヨの夫・柴田定貞吉役に鈴木瑞穂、医師の上条役に上地雄輔、トヨと心を通わせる登校拒否児の父親役にピエール瀧の出演が明らかになった。



関連写真

  • 映画『くじけないで』各年代の主人公の柴田トヨを演じる(左から)八千草薫、檀れい、芦田愛菜、長男の嫁を演じる伊藤蘭
  • ベストセラー詩集『くじけないで』の作者“101歳の詩人”故・柴田トヨさん

オリコントピックス