ドラマ&映画 カテゴリ

錦戸亮、堀北真希への“ちゃん”付けを自慢「最近呼べるようになった」

 人気グループ・関ジャニ∞の錦戸亮が17日、東京国際フォーラムで行われた主演映画『県庁おもてなし課』の完成披露“おもてなし写会”に、共演の堀北真希高良健吾らと共に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 錦戸は、撮影中に堀北を「真希ちゃん」と“ちゃん”付けで呼べなかったと明かすも、「最近はちゃんと真希ちゃんって呼べるようになったんで!」と自慢げ。横で聞いていた堀北が、ちゃん付けの時期について「今日からですかね…」と気づいていない様子を見せると、錦戸は「自然に言ってたから気づかなかっただけ。2週間前くらいから、ちょこちょこ言ってます」と慌てて弁解していた。

 二人のやりとりを見ていた高良は「錦戸さんのことを錦戸くんって呼びたかったけど、最後までさん付けしてた。今も“さん”です」と残念な表情。さらに、堀北を「さん」付けで呼んでいたことを知ると、錦戸はしたり顔で「よっしゃ、俺の勝ちですね!」と誇らしげに喜び、会場の笑いを誘った。


 他には、船越英一郎関めぐみ三宅喜重監督が出席した。5月11日より全国公開。

関連写真

  • 映画『県庁おもてなし課』の完成披露試写会に出席した堀北真希 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『県庁おもてなし課』の完成披露試写会に出席した高良健吾 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『県庁おもてなし課』の完成披露試写会に出席した関めぐみ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『県庁おもてなし課』の完成披露試写会に出席した船越英一郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『県庁おもてなし課』の完成披露試写会に出席した三宅喜重監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索