• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 栗城史多氏、凍傷後の経過を報告 再生治療で「新たな肉が再生してる」

栗城史多氏、凍傷後の経過を報告 再生治療で「新たな肉が再生してる」

 登山家の栗城史多氏(30)が1日、都内で行われた保険流通会社フィナンシャル・エージェンシーの入社式に特別ゲストとして出席した。

 昨年8月末に4度目となる単独・無酸素エベレスト登頂に挑戦するも失敗に終わり、指9本を凍傷していた栗城氏は、この日、両手を包帯で覆って登場。帰国直後に第二関節から先の切断を医者から告げられていたが、「どの医者にも無理と言われてきたが、現在東京大学医学部の方と再生治療に挑戦しています」と切断せずに治療していることを報告。

 経過については「凍傷した肉の境目から、新たな肉が再生しています」と少しずつ回復に向かっていると明かし、今後は「凍傷した指をしっかりと治し、再びエベレストに行きたい」と5度目の挑戦に意欲をみせた。

 この日、栗城氏は「意識を変え高い目標・志を実現していく方法」をテーマに、新社会人に自身のニート時代から現在に至るまでの経験を紹介。登山を始めたきっかけについても「実は登山が最初から好きではなかった」といい、「僕をフッた彼女が実は登山がものすごく好きだった。見返してやろうと思って始めた」と今に至るきっかけを明かし、会場を盛り上げた。

関連写真

  • フィナンシャル・エージェンシー入社式に特別ゲストとして出席した栗城史多 (C)ORICON NewS inc.
  • フィナンシャル・エージェンシー入社式に特別ゲストとして出席した栗城史多 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索