アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • NMB48、渾身のギャグ披露 ケンコバ「好感度下がったかも」と総選挙を心配

NMB48、渾身のギャグ披露 ケンコバ「好感度下がったかも」と総選挙を心配

 アイドルグループ・NMB48が初の主演を務める映画『げいにん!THE MOVIE』の舞台あいさつが29日、沖縄・宜野湾で開催中の『第5回沖縄国際映画祭』で行われ、メンバーの山田菜々小谷里歩小笠原茉由とお笑いタレントのケンドーコバヤシが出席。会場は立ち見が出るほどの大賑わいで、メンバーが登場すると「かわいいよ〜」など野太い声援に包まれた。

【写真】その他の写真を見る


 山田は「初めて女優として映画祭に参加して、めっちゃ緊張していたんですけれど、ボードとかうちわで温かく迎え入れてくれて。みなさんに愛されているなあと思いました」と笑顔。すかさずファンから「ジョイマーン!」というコールが飛ぶと、ケンコバは「なにお前、ジョイマンって呼ばれてるの?」と興味津々。山田は「ツッコミは大事〜。村上はショージ。ナナナナ〜ナナナナ〜おバカな山田菜々」と、ジョイマン・高木晋哉のネタを完コピしてみせた。負けじと小笠原も「月亭方正さんからいただいた」という変顔絶叫ネタ、小谷はケンコバ仕込みのブラックジョークを披露し、観客を喜ばせた。

 舞台あいさつ後、ORICON STYLEの取材に応じたケンコバは「あんまり俺らが思っているより思い切りやらなくていいのよ。少し恥ずかしがっている位のほうが俺らも笑いやすい」とメンバーの吹っ切れっぷりを心配。

 先日、第5回AKB48選抜総選挙の開催が決定したこともあり、「特に、まぁちゅんは今日の『まーー!』でちょっと好感度下がったかもな」と指摘された小笠原は「お笑いは全力でやらな。自分の事を知ってもらわないと、応援してくれる人も増えないので」と熱く語り、「個性を大切に自分を見失わなければいつかは結果が出る」と目を輝かせた。

 また、今回の総選挙はOGも参加可能の立候補制となったが、小笠原は「私は20位以内に入りたい。NMBももっと入れたらいいな、総選挙のステージに立つだけで、名前を知ってもらえる」と意欲満々。山田は「前回よりも応援してくれているファンの声が多くなっているのが実感できて、心強いです」と胸を張り、小谷も「私はいいんです〜」控えめながらも、「ランキングに入れたらいいな」と立候補の意を示した。

 ケンコバは「俺の一票がどこに行くかやな〜。前回は、選挙当日に仕事やってん、投票できなかったけど」とうそぶくと、メンバーに「絶対投票してくれてない!そういうシステムじゃないですもん」と見破られ、「え、そうなの? ちょっと面倒くさいな…」とタジタジになっていた。



関連写真

  • 沖縄国際映画祭で上映されたNMB48初主演映画『げいにん!THE MOVIE』の舞台あいさつで月亭方正仕込みのネタを全力で披露する小笠原茉由(中央) (C)ORICON DD inc.
  • NMB48の小笠原茉由 (C)ORICON DD inc.
  • NMB48の小谷里歩 (C)ORICON DD inc.
  • 沖縄国際映画祭で上映された映画『げいにん!THE MOVIE』の舞台あいさつに登壇したNMB48の山田菜々 (C)ORICON DD inc.
  • 沖縄国際映画祭で上映された映画『げいにん!THE MOVIE』の舞台あいさつに登壇したケンドーコバヤシ

オリコントピックス