アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 火野正平 にっぽん縦断自転車旅、3年目突入に「自分でもびっくり」

火野正平 にっぽん縦断自転車旅、3年目突入に「自分でもびっくり」

 俳優の火野正平(63)が8日、東京・渋谷のNHKでBSプレミアム『にっぽん縦断 こころ旅2013』の特番の収録後に会見した。行き先は視聴者からの“手紙”次第。名所旧跡にとらわれない投稿者一人ひとりの“こころの風景”を訪ねて、火野自ら自転車をこいで移動する旅バラエティー。2011年に始まり、4月1日スタートのレギュラー放送で3年目に突入する。

【写真】その他の写真を見る


 これまでに総走行距離4000キロ、36道府県を走った火野は「訪れた先で知らない人に話しかけたり、そんなこと自分にはできないと思っていた。(3年目を迎えて)自分でもびっくりしている」と感慨深げに語った。

 2011年2月にパイロット版として「長崎の旅」が放送され、同年4月より本放送が開始され、「春の旅」として京都から日本海側を北上し、北海道まで9道府県。同年9月からは「秋の旅」として兵庫から山陰、九州を鹿児島まで9県をめぐった。2012年の「春の旅」は千葉県をスタートし関東地方から東北の太平洋側を北上、北海道まで。同年の「秋の旅」は、和歌山から四国、瀬戸内海に沿って山陽地方を旅し九州の東側を通って沖縄まで旅した。

 今年の「春の旅」は鹿児島を出発し、熊本・福岡と九州を北上して、近畿地方へ(大阪、奈良、三重、滋賀に初上陸)。さらに、これまで避けてきた日本の背骨、岐阜、長野、山梨も激走する。火野は「行ってみなければわからないけれど、61歳で走り始めて、(5月に)64歳になってから(山岳地方に)行かなくても…。テレビ番組というものはひどいもので、やっちゃうんだな」と苦笑いしつつ、「丈夫な身体に産んでくれた親に感謝」と、身体を張ったロケにも余裕もみせた。

 火野といえば、数々の女性と浮名を流した元祖モテ男。「(旅先で)寄ってくるのは女。おじさんよりおばさん、お兄ちゃんよりお姉ちゃんのほうが多いよね」とてらうこともなく、「(昔ほど)モテなくなった気がするけど、この番組のおかげで、外でチョロチョロできるのはうれしい」と茶目っ気たっぷりに語っていた。

 『にっぽん縦断 こころ旅2013』はNHK・BSプレミアムで4月1日スタート。朝版は月〜金曜午前7時45分〜8時、土曜版は午前11時〜正午、日曜版は午前11時30分〜12時30分に放送。

関連写真

  • 番組3年目には自分でも「びっくり」と語った火野正平 (C)ORICON DD inc.
  • 旅先でもプレイボーイ? (C)ORICON DD inc.
  • NHKでBSプレミアム『にっぽん縦断 こころ旅2013』特番の会見に出席した火野正平 (C)ORICON DD inc.
  • NHKでBSプレミアム『にっぽん縦断 こころ旅2013』特番の会見に出席した火野正平 (C)ORICON DD inc.
  • NHKでBSプレミアム『にっぽん縦断 こころ旅2013』特番の会見に出席した火野正平 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス