アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 菅野美穂、ルーヴル美術館の世界初映像に密着取材

菅野美穂、ルーヴル美術館の世界初映像に密着取材

 お笑いタレント・ビートたけしがMCを務める日本テレビ開局60年特別番組『ビートたけしの超訳ルーヴル』(3月12日放送 後9:00)で、女優の菅野美穂、俳優の小栗旬らが仏ルーヴル美術館の魅力を伝えるナビゲーターに挑戦したことが25日、わかった。菅野は、世界でテレビ取材初となる「音楽隊の部屋」潜入や“疑惑のエジプトの宝物”と対面するなど、同美術館の裏側を調査していく。

【写真】その他の写真を見る


 ルーヴル美術館と特別なパートナーシップを組んでいる同局が、美術館を貸し切って独占取材。今までとは違う視点から楽しみ方を提案し、新たな魅力に「超訳」という形で迫る。

 裏方の仕事内容や学芸員からレア情報を聞いたり、決して公開されない秘密の場所に潜入した菅野は「ルーヴル美術館は、アートを真ん中に挟んで過去と未来を見つめる“研究所”としての顔もあわせ持っていました。世界初の映像となる、疑惑のエジプト秘宝の密着取材にもご注目ください!」と期待感をあおる。

 俳優仲間の桐谷健太と共に展示品をユニークかつ斬新な撮り方で写真に収めた小栗は「初のルーヴルでしたが、とても刺激的で体中の神経がたいへん沸き立ちました」と刺激を受けた様子だった。

 このほか、ジャーナリストの池上彰氏がルーヴルにまつわる疑問や歴史をわかりやすく講座。鈴木福高田純次という異色コンビが子ども目線でその魅力に迫り、脳科学者・茂木健一郎氏は、同美術館の作品の人気の秘密を脳科学的に分析していく。



関連写真

  • ルーヴル美術館の世界初映像に密着取材した菅野美穂 (C)日本テレビ
  • (左から)小栗旬と桐谷健太 (C)日本テレビ
  • ビートたけし (C)日本テレビ
  • (左から)鈴木福、高田純次 (C)日本テレビ
  • 茂木健一郎 (C)日本テレビ
  • 池上彰 (C)日本テレビ

オリコントピックス