アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 夏菜&風間、涙の『純と愛』クランクアップ「本当に寂しくて仕方がない」

夏菜&風間、涙の『純と愛』クランクアップ「本当に寂しくて仕方がない」

 NHKの連続テレビ小説『純と愛』(月〜土 前8:00)の全撮影が22日、終了し、ヒロイン・純を演じた女優の夏菜と、純の夫・愛(いとし)を演じた俳優・風間俊介が大阪放送局で会見した。昨年5月22日のクランクインから9ヶ月に及ぶ撮影を無事完走した夏菜は「実感湧かない、実感湧かない」と言いながらも、その目には涙があふれた。

 “朝ドラ”史上、もっとも“らしくない”ヒロインを体当たりで演じた夏菜は「自分がこんなに追い込まれる事も人生の中でなかった」「最初の方は私自身が孤独を感じながらやっていた」と、人知れぬ思いを吐露。「正直言って純のことを嫌いな時期もあった」とはいえ、9ヶ月をともにした役からの開放は「本当に寂しくて仕方がない」と名残惜しそうだった。

 風間も「楽しかったことがたくさんあったし、つらいこともありました」とこみあげてくる思いで言葉を詰まらせて、涙。「本当に生きることがつらかったり、どうしようもなくなった人たちが観て『それでも立ち上がる人たちを見て、生きる勇気がわいた』と言ってくれた、そんな作品でした」と思い入れたっぷりに語った。

 同ドラマは、沖縄の宮古島で育ち、誰かを笑顔にしたいと願いながら、いつも空回りしてしまう純が、夫の愛に支えられながら、家族や周囲の人々のさまざまな問題にぶつかっていく現代劇。『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の脚本家・遊川和彦のオリジナルで、父と娘は怒鳴り合い、浮気・離婚・失恋・失業・病気といったトラブルの連続で、これまでの朝ドラのイメージを覆すヒロイン像とストーリーで、賛否両論を呼んでいる。

 その張本人でもある遊川氏は「いつものヒロイン、ヒーローよりもだいぶ大変だったと思う」とキャストをねぎらい、感謝した。夏菜に対しては「これが終わった後、君は確実にたくましくなっているし、強くなっているし、成長しているはずだし、これ以上つらいことはもうない(笑)。でもそれぐらいの役者になることを期待しています」とエールを送っていた。

 この日は、同局のスタジオで3月30日放送の最終回(第26週151回)のラストシーンの収録が行われ、主題歌「いちばん近くに」を担当した男女5人組バンド・HYのメンバーも活動拠点の沖縄から駆けつけて、クランクアップを祝った。



オリコントピックス