アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 大河『八重の桜』で話題の子役・鈴木梨央ちゃん 芸能界入りは「愛菜ちゃん」きっかけ

大河『八重の桜』で話題の子役・鈴木梨央ちゃん 芸能界入りは「愛菜ちゃん」きっかけ

 6日にスタートしたNHK大河ドラマ『八重の桜』(毎週日曜 後8:00)で、綾瀬はるか演じる主人公・八重の幼少時代を演じる鈴木梨央(7)の熱演ぶりが話題になっている。『天地人』の加藤清史郎(11)、『龍馬伝』の濱田龍臣(12)、『江』の芦田愛菜(8)ら、大河ドラマに抜てきされた子役の活躍著しいが、鈴木の所属事務所にも第1話放送後、「取材オファーが殺到している」といい、大ブレイクの予感大。どんな子なのか、取材した。

【写真】その他の写真を見る


 鈴木は、2005年2月10日生まれの小学2年生。芸能活動を始めたきっかけは5歳の時に「ドラマ『Mother』(日本テレビ系)を観て、芦田愛菜ちゃんみたいになりたい」と思い、芦田も所属するジョビィキッズの体験型オーディションを受けたという。

 今回、八重役に決まった時は「うれしかったです。感激して泣いちゃいました」と梨央ちゃん。第1話では、わんぱくな八重を、画面からはみ出そうなほど元気いっぱいに演じたが、実は高い所が苦手で「木登りは初めてでした。怖かったけど、八重さんになりきって一生懸命頑張りました」。会津弁のセリフも「難しかったです。発音をすぐ忘れちゃうので、いつもテープを聞いていました」と役作りを振り返った。

 第1話放送後の反響については「みんなが観てくれているのかなと思うと、ドキドキしました。おじいちゃん、おばあちゃん、友達にほめてもらいました」と喜び、将来は「みんなを笑顔にする女優さんになりたい」と夢を明かした。

 梨央ちゃんの出演は13日放送の第2話の途中まで。12日午後1時5分から第1話の再放送がある。

■鈴木梨央ちゃんに聞きました。

――綾瀬はるかさんの子どもの頃を演じた感想を教えてください。
【梨央】綾瀬さんは、大好きな女優さんなので、綾瀬さん(八重さん)の子ども時代を演じられるのが夢のようでした。

――好きなタレントさんはいますか?
【梨央】綾瀬はるかさんです。

――好きな歌手はいますか?
【梨央】西野カナさん、AKB48さん、絢香さんの「三日月」が大好きです。

――好きな食べ物は何ですか?
【梨央】回転寿司。特にハマチ。最近はイカオクラも好きです。

――好きな科目は?
【梨央】算数、音楽です。歌うことが大好きです。



関連写真

  • わんぱくな幼少期の八重を好演した鈴木梨央ちゃん(C)NHK
  • 大河ドラマ『八重の桜』第1話より 梨央ちゃんの生き生きとした表情が印象に残った人も多かったはず(C)NHK
  • 大河ドラマ『八重の桜』第1話より 木の上から草履を落とし、頼母に謝る八重(鈴木梨央/左)と兄・覚馬(西島秀俊/右)(C)NHK
  • わんぱくな幼少期の八重を好演した鈴木梨央ちゃん(C)NHK
  • わんぱくな幼少期の八重を好演した鈴木梨央ちゃん(C)NHK

オリコントピックス