• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • ビジネス
  • 伊集院静、“萌え”文化を語る「相手を思いやる恋愛が成立している」

伊集院静、“萌え”文化を語る「相手を思いやる恋愛が成立している」

直木賞作家で現在同賞の審査委員を務める作家・伊集院静氏(62)が、先ごろ若者向けの電子書籍アプリ『伊集院静 男の流儀入門』のシリーズ第2弾「恋愛編」を発表した。ORICON STYLEでは同書のテーマである“恋愛”についてインタビューを敢行。若者文化を象徴する「2次元の相手に萌える恋」についても質問。アニメやフィギュアなど2次元の世界に陶酔する若者たちの恋愛は、“最後の無頼派”の目にどう映るのだろう。

■実在しな...

この記事の画像

  • 「相手が2次元でも3次元でも、本物の恋愛だ」と独自の見解を語った作家・伊集院静氏 (C)ORICON DD inc.
  • 無頼派が語る“萌え”文化とは? (C)ORICON DD inc.
  • 電子書籍アプリ『伊集院静 男の流儀入門 恋愛編』より
  • 電子書籍アプリ『伊集院静 男の流儀入門 恋愛編』より(App Storeで配信中)
  • 電子書籍アプリ『伊集院静 男の流儀入門 恋愛編』より(App Storeで配信中)
  • 電子書籍アプリ『伊集院静 男の流儀入門 恋愛編』より(App Storeで配信中)
  • 電子書籍アプリ『伊集院静 男の流儀入門 恋愛編』より(App Storeで配信中)

提供元: オリコン顧客満足度ランキング

オリコントピックス

 を検索