• ホーム
  • 芸能
  • 内田裕也、酒井法子を一蹴「クスリやるヤツはダメ」

内田裕也、酒井法子を一蹴「クスリやるヤツはダメ」

 歌手の内田裕也(73)が23日、都内で行われたスニッカーズ『謝罪会見グランプリ』で審査委員長を務めた。翌日に執行猶予が明け、復帰会見する女優・酒井法子へのコメントを求められると「クスリやるヤツはダメだよ」と一蹴。「勝手に謝罪会見して立派に復帰してもらえればいいんじゃないですか」と不機嫌そうに話した。

【写真】その他の写真を見る


 現在放送中の同商品CM「ロッケンロール」篇に出演する内田は、「居酒屋とかでもうるせーなって思うことがあっても、『何かあったらまずいな』って大声では言えない。CMに一生出てれば我慢できるんじゃないかと思う」と苦笑。自身もイベント最後に「スニッカーズに免じて許してください。ロックンロール」とアドリブで謝罪してみせ、「社会勉強になって面白かった。すごいなと思って唖然として見ていました」と楽しんだ様子だった。

 広告キャンペーンコンセプト「ハラが減ってるキミは、いつものキミじゃない。」にちなんで開催された同イベントは、お腹が減っていたせいで失敗したエピソードをサイト上で一般公募し、選考を突破した出場者11組による謝罪会見を展開。審査員をあやまんJAPANのあやまん監督、間川清弁護士、司会をお笑いコンビ・二丁拳銃が務め、グランプリに選ばれたダンススクール講師の熊谷珠美さんと樫谷桃佳さんには賞金100万円が贈られた。



関連写真

  • 内田裕也 (C)ORICON DD inc.
  • イベントの審査委員長を務めた内田裕也、審査員を務めたあやまん監督と謝罪グランプリ優勝者 (C)ORICON DD inc.
  • 内田裕也=スニッカーズ『謝罪会見グランプリ』 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス