• ホーム
  • 映画
  • イベント欠席の光宗薫、肉声メッセージで謝罪

イベント欠席の光宗薫、肉声メッセージで謝罪

 元AKB48・光宗薫の主演映画『女子カメラ』の公開初日舞台あいさつが24日、都内で行われ、体調不良で欠席した光宗の肉声メッセージが公開された。コメントはイベント欠席が決まったこの日に収録されたもので「本日は公開初日にもかかわらず、皆様の前で直接ご挨拶が出来ず大変申し訳ございません」と謝罪。さらに、観客に向けて「たぶん観た方はあたたかい気持ちで、とても前向きな気持ちになれる映画になっていると思いますので、最後まで楽しんでご覧ください」とコメントを寄せた。

【写真】その他の写真を見る


 登壇者の紹介後、劇場に光宗のメッセージが流され、共演の熊谷弥香、高山都、園ゆきよと向井宗敏監督もじっと耳を傾けた。会場からは自然と拍手が起こり、向井監督は「今日は主演の薫ちゃんが来れなかったのは残念ですが、映画では薫ちゃんがすごく魅力的に映っていますので、ほのぼのと楽しんでいただければと思います」とフォローした。

 光宗の欠席は同日に同作の公式ツイッターで発表され、「本人からコメントを頂く予定です」としていた。光宗はこれまでにも体調不良で同作のイベントを欠席しており、先月には同様の理由でAKB48の活動も辞退していた。

◆光宗薫からのコメント

関係者各位ならびにファンの皆様

こんばんは。
今回「女子カメラ」で主人公の吉澤美樹役を演じさせていただきました光宗薫です。
よろしくお願いします。
本日は公開初日にもかかわらず、皆様の前で直接ご挨拶が出来ず
大変申し訳ございません。

今回この映画のお話を初めていただいた時に、初めての映画で初主演ということで
私自身とてもプレッシャーはあったんですけれども、監督さんをはじめ、
スタッフさんや共演してくださった方々、そしてストーリーのおかげで
とても入り込みやすく楽しく演じることができたと思っています。
映画「女子カメラ」、多分観た方はあたたかい気持ちで、とても前向きな気持ちに
なれる映画になっていると思いますので、最後まで楽しんでご覧ください。
ありがとうございました。



関連写真

  • 主演の光宗薫不在で行われた映画『女子カメラ』の初日舞台あいさつ (左から)向井宗敏監督、熊谷弥香、高山都、園ゆきよ (C)ORICON DD inc.
  • 主演映画『女子カメラ』の初日舞台あいさつを欠席した光宗薫 ※写真は過去のイベント時 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『女子カメラ』初日舞台あいさつの登壇者 (左から)向井宗敏監督、熊谷弥香、高山都、園ゆきよ (C)ORICON DD inc.
タグ

オリコントピックス