ドラマ&映画 カテゴリ

元TBSアナウンサーでタレントの小島慶子が、NHK・BSプレミアムで放送中の時代劇『薄桜記』(毎週金曜 後8:00)に出演することが16日、わかった。ドラマ出演の経験はあるが、時代劇は初めて。小島が演じるのは、赤穂藩主・浅野内匠頭(オードリー春日俊彰)の正室・阿久利で、春日とは夫婦の設定だが共演シーンはなし。「今回は、夫亡き後の仏間でのシーンだったので、次は幸せな中年夫婦を演じられれば。相手は春日さんでなくても構いません」と語った。春日との共演に興味なし? 同ドラマは、ジェームス三木脚本の本格時代劇。赤穂浪士による吉良邸討ち入りの際に、吉良上野介(長塚京三)の用心棒として立ち向かった一人の侍・丹下典膳(山本耕史)を主人公に描く、“裏忠臣蔵”のような物語。浅野内匠頭が、元禄14年(1701年)、吉良上野介に江戸城で刃傷に及んで、御家断絶が決定し、赤穂浪士たちが吉良邸討ち入りを行う際、精神的に支えたのが阿久利だった。

この記事の画像

  • 小島慶子が時代劇に初挑戦 BS時代劇『薄桜記』に出演 (C)NHK
  • 小島慶子が出演する8月31日(金)放送のBS時代劇『薄桜記』第8回のワンシーン(C)NHK

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索