• ホーム
  • スポーツ
  • SMAP中居正広、5大会連続TBS五輪キャスター テーマソングもSMAP

SMAP中居正広、5大会連続TBS五輪キャスター テーマソングもSMAP

 SMAP中居正広がTBSのロンドン五輪中継番組メインキャスターを務めることがわかった。2004年のアテネ大会から夏冬合わせて5大会連続で務める中居は、今月27日(現地時間)の開幕に向けてロンドンへ飛び、現地からの中継も行う予定。「視聴者の皆さんにより熱く応援してもらうために、自分がサポートできる事を頑張りたい」と意気込む。

 TBSではメダルが期待される柔道や体操男子団体、女子サッカー、レスリングなどの中継を予定している。番組では、「ヒトのチカラ無限大」をテーマに、アスリートがそれぞれの夢に向かって挑戦する姿をありまま伝えるため、中居も最終調整中の代表選手へ取材を敢行。先日は男子柔道の全日本合宿にも密着した。

 今大会に挑む柔道男子は7人中6人がオリンピック初出場。取材機会が少なく鉄のカーテンをひいていると言われていたが、中居と親交のある篠原信一監督(シドニー大会で銀メダル)が取材を許可。合宿の練習模様、監督や注目選手への独自インタビューのほかに、ルール変更による「効果」の廃止や胴着の規制などが日本柔道陣にとってプラスであるかなど、日本のお家芸と言われた柔道が抱える問題の核心に迫った。中居は「次を担う選手が多いので奮起してくれるのではないか」と、メダルラッシュに期待を寄せている。

 中居はほかに、レスリング日本代表(男子/女子)の合宿を取材。女子の合宿では女子史上初オリンピック3連覇がかかる吉田沙保里選手や最後のオリンピックに全てをかける浜口京子選手にインタビュー。男子の合宿では1952年以降のオリンピックで連続メダル(1980年のモスクワオリンピックは不参加)を獲得し続けているというプレッシャーの中にも活気あふれる練習を目の当たりにし、「練習量が尋常じゃない。自分も選手から学ぶことがある」と改めて刺激を受けていた。

 「ロンドンへ行ったら、とにかく少しでも多くの試合を生で見たい。北京オリンピックの時は男子100メートルのボルトの走りを目の前で見たのが一番衝撃だった」と中居。早くも気持ちはロンドンに向かっているようだ。

 また、オリンピック中継に華を添えるテーマソングにSMAPの新曲「Moment」(8月1日発売)が決定。人気ロックバンド、サカナクションのボーカル、山口一郎の作詞作曲で、夏にふさわしい高揚感あふれる楽曲に、メンバーの香取慎吾も「オリンピックで輝く選手たちの一瞬一瞬が、SMAPの新曲とともに皆さんの心に残りますよう歌っていきたいです」とコメントしている。



オリコントピックス