アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • スポーツ
  • 仲村トオル“投手”に福くん空振り「ホントは打ちたかった」

仲村トオル“投手”に福くん空振り「ホントは打ちたかった」

 俳優の仲村トオルと子役の鈴木福が16日、甲子園球場で行われたセ・パ交流戦の初戦となる阪神×日本ハム戦の始球式に登場した。ピッチャーは仲村、バッターは鈴木、スタンドの観客からは拍手喝采が巻き起こった。仲村が投げた外角低めのボールを鈴木が見事に空振りし、始球式は大成功。鈴木は「始球式は空振りすると教えてもらってたけど、ホントは打ちたかった」と話し、「今はサッカーをしているけど、野球もやってみたくなりました」と目を輝かせた。

【写真】その他の写真を見る


 一方、子供の頃、野球選手になるのが夢だったという仲村は、甲子園のマウンドに初めて立つ念願がかなって「中3まで野球部にいたんですが、自分の今の力だと甲子園に出るような高校のレギュラーになれないだろうと思って野球をあきらめて…。30年以上経って、甲子園のマウンドに立つなんて、“感慨深い”をはるかに通り越して、すごく不思議な感じでした。人生、面白いな」と語った。

 この日の最大のテーマは、「福ちゃんにぶつけないこと」だったという仲村は、「最初、前に出て下手投げをする提案もありましたが、それではちょっと僕のプライドが許さないと(笑)。一応、上から投げさしてもらって、ぶつからずに届いて良かったと思います」とほっとした様子。鈴木に対しては「室内練習場で打つ練習をしてたので、本気で打ってくるんじゃないかと思いましたけど、きれいな空振りだったんで100点です」と満点を出した。

 仲村と鈴木は、テレビ朝日系の土曜ワイド劇場最新作『アナザーフェイス 刑事総務課・大友鉄』(5月26日放送、後9:00)で親子を演じており、ドラマのPRを兼ねて始球式が実現した。同ドラマは人気作家・堂場瞬一氏の小説を原作とした複雑な誘拐事件のからくりを暴いていく骨太な作品。仲村が心優しきイクメン刑事を、鈴木が父を慕う息子を熱演している。



関連写真

  • トラッキーに先導されバッターボックスへ向かう福くん(C)ABC
  • 始球式を振り返って笑顔の仲村トオルと鈴木福(C)ABC
  • 土曜ワイド劇場最新作『アナザーフェイス 刑事総務課・大友鉄』(5月26日放送)で、親子役を演じる仲村トオルと鈴木福が、阪神×日本ハム戦の始球式に登場(C)ABC
  • 阪神×日本ハム戦の始球式を行った仲村トオル(C)ABC
  • 阪神×日本ハム戦の始球式のバッターボックスに立つ鈴木福(C)ABC
  • 仲村トオルと鈴木福が、阪神×日本ハム戦の始球式に登場(C)ABC

オリコントピックス