• ホーム
  • 映画
  • 佐藤健、ロミオ役でロマンティックに感化 初主演舞台で「魔法かける」

佐藤健、ロミオ役でロマンティックに感化 初主演舞台で「魔法かける」

 俳優の佐藤健(23)、石原さとみ(25)が29日、東京・赤坂ACTシアターで主演舞台『ロミオ&ジュリエット』の公開けいこ前に報道陣のインタビューに応じた。初舞台でウィリアム・シェイクスピアの不朽の名作に挑む佐藤は「お芝居で(観客に)魔法がかけられたら成功かな。僕たちの化学反応を見せたい」と気合たっぷり。すると石原は「シェイクスピアの作品をやってるとロマンティックになってくる。この前も、あなたの唇がどうとか言ってた」と佐藤の“変化”を紹介した。

 本番を間近に控え、佐藤は「不安のドキドキもあるけど、ついに観てもらえるというドキドキもあって、(気分が)相当高まってる」と興奮交じり。恋愛悲劇の大作へのアプローチに苦労は尽きなかったといい「ここまで大変なのかという感じだった。セリフに感情を乗せていくのが難しかった」と試行錯誤のやりとりも語った。

 そんな佐藤と初共演の石原は「けいこからセリフも入ってたし、滑舌もいいし、自信を持って」と後押し。「感情を大切にされる方でうそがないし、その相手役ができて幸せ」とパートナーに太鼓判も押した。

 出会った瞬間に恋に落ちるロミオとジュリエット。そういう出会いは「ない。出会いたいですね」と笑う佐藤は「ロミオが一目惚れして、人生が変わるくらいの大きなことが起こるという時に、石原さん(という存在)は説得力がある」とべた褒め。一方の石原は「誰もがみんな、一目惚れするというのは納得する。一目惚れ、あります」と過去の恋愛体験を明かしていた。

 名門ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身でイギリスの演劇界で注目を集めている舞台演出家ジョナサン・マンビィ氏が、日本デビュー作として手掛ける舞台『ロミオ&ジュリエット』は東京・赤坂ACTシアターにて5月2日(水)から27日(日)まで、大阪・イオン化粧品 シアターBRAVA!にて5月31日(木)から6月10日(日)まで上演。

演劇『ロミオ&ジュリエット』のチケット発売情報



関連写真

  • 佐藤健(23)と石原さとみ(25) (C)ORICON DD inc.
  • 2人の全身ショット (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス