ドラマ&映画 カテゴリ

一人二役武井咲の『Wの悲劇』初回視聴率は10.9%

 女優・武井咲が一人二役を演じるテレビ朝日系の新ドラマ『Wの悲劇』(毎週木曜 後9:00)の初回が26日に放送され、平均視聴率が10.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことが27日、わかった。

 発刊から30年、1984年には薬師丸ひろ子主演で映画化され大ヒットした、夏樹静子の同名名作ミステリーを大胆にアレンジし、現代的に見せる。武井が演じる大財閥の家に生まれたお嬢様・和辻摩子と、貧しさを呪いながら生きる孤独な少女・倉沢さつき。さつきが関わった殺人事件をきっかけに、同じ顔を持つ女性が出会い、お互いが入れ替わったことで、それぞれ直面する悲劇の数々を描く。桐谷健太福田沙紀、松下由樹、若村麻由美、中村俊介、野際陽子らが共演。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索