• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 浅野温子、かたせ梨乃、名取裕子、浅野ゆう子が山村美紗ミステリーで競演

浅野温子、かたせ梨乃、名取裕子、浅野ゆう子が山村美紗ミステリーで競演

 今年、17回忌を迎えるミステリー作家の山村美紗さん原作の2時間ドラマが、フジテレビ系金曜プレステージ(後9:00)枠で5月に4週連続で放送されることが22日、わかった。浅野温子かたせ梨乃名取裕子浅野ゆう子の4人の女優が、それぞれ主演で“競演”する。山村原作のドラマに欠かせない実の娘・山村紅葉も、旅館の女将、専業主婦、お手伝いさん、羽田空港署の鑑識係と“四変化”で毎週登場。紅葉は「母が大好きだった女優さん・俳優さんにご出演いただき、母もさぞかし喜んでいる事と思います」とコメントしている。

 第1弾『小京都連続殺人事件〜スパイスは復讐の味〜』(5月4日放送)は、浅野温子が演じるフードジャーナリスト・円城椿が、カメラマン兼編集者の牧野忍(小泉孝太郎)との初取材で“安芸の小京都 尾道・竹原”を訪れ、途中の竹林で男性の死体を発見する。椿と忍の迷コンビに注目だ。

 第2弾『女検視官・江夏冬子〜血だまりの滴〜』(同11日放送)は、かたせ扮する京都府捜査一課の美人検視官・江夏冬子が、自宅の風呂場で亡くなっていた看護師を事故ではなく、殺人事件と断定。12年前に別の病院で起きた転落死亡事故に絡んだ謎に迫る。

 第3弾『推理作家・池加代子〜殺しのシナリオ〜』(同18日放送)は、美紗さんと紅葉をモデルにした作品。売れっ子の推理作家・池加代子を名取が演じ、女優の娘・梨花を星野真理が演じる。紅葉は、生前の美紗さんの“ご指名”通り、作家宅のお手伝いさん役で出演。撮影中に主演女優が毒殺された事件をめぐり、二転三転する物語を徳島・京都の旅情たっぷりに描く。

 第4弾『黒の滑走路2〜花婿がみた悪魔〜』(同25日放送)は、浅野ゆう子と遠藤憲一演じる異色コンビの第2弾。羽田空港ホテルで一人の男(前川泰之)が殺された。空港署の刑事、今井陽子(浅野)と警視庁捜査一課の宗像(遠藤)が、再びコンビを組むことになり、さっそく舌戦を繰り広げる。

 同局では山村原作ドラマを『赤い霊柩車』『ニュースキャスター沢木麻沙子』『京都祇園芸妓シリーズ』『京都女優シリーズ』など、累計約100本放送しており、中でも『赤い霊柩車』シリーズは29作品で平均視聴率17.0%をマークするなど人気を博してきた。

 今回、4週連続で集中放送するのは同局として初の試みとなるが、フジテレビ編成部の成田一樹氏は「次々と起こる殺人事件に仕掛けられた数々の罠とトリックに果敢に挑んでいます。いずれも山村作品ならではの人間愛憎劇と衝撃のラストが待ち構えております。4週連続、濃密な珠玉のミステリーをどうぞお楽しみください」と自信をのぞかせている。

関連写真

  • 山村美紗サスペンス4週連続スペシャルに主演する(左から)浅野温子、かたせ梨乃、名取裕子、浅野ゆう子
  • 山村紅葉の四変化。『小京都連続殺人事件』 では旅館の女将、『女検視官・江夏冬子』では主人公の女性検死官の従姉妹で専業主婦、『推理作家・池加代子』では推理作家の家のお手伝いさん、『黒の滑走路2』では羽田空港署の鑑識係に

オリコントピックス