アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • “ミスター雑学”伊集院光、菊池桃子と夫婦役にドキドキ

“ミスター雑学”伊集院光、菊池桃子と夫婦役にドキドキ

 “ミスター雑学”の異名を持つタレントの伊集院光が一家の大黒柱のパパ役となり、家族と雑学対決を繰り広げるテレビ朝日系の新番組『雑学家族』(4月28日より毎週土曜 後6:30)の初回収録がこのほど行われ、出演者が意気込みを語った。伊集院は「みんなからの問題に答えられるか、プレッシャーが強くてドキドキしました。そしてもう一つのドキドキが…」とママ役の菊池桃子を見つめて、「まさか夫婦になれるなんて…」と照れ笑いした。

 番組で取り上げるのは、日常生活でよく目にしているにもかかわらず気づかずにいた真実や、意外と知らない物事の歴史、ビックリするような言葉の由来などなど。毎週、“一つのテーマ”を多角的に追求し、掘り下げ、思わず周囲に披露したくなるような、目からウロコのウンチク、雑学の数々を紹介していく。

 土曜日夕方の一家団らんのひと時に、物知りパパを“ギャフン”と言わせようと、さまざまな雑学で挑んでくる家族のメンバーには、ママ役の菊池のほか、長女役に人気子役の小林星蘭、おばあちゃん役に冨士眞奈美、さらにバナナマンの設楽統と日村勇紀がパパに対抗心を抱く“親戚のおじさん”として登場する。

 伊集院は「侮れないのは、主婦目線の問題ですね。きっと“伊集院って、こんなこともわからないの?”と思う視聴者の方も多いんじゃないかな。家族みんなから雑学で挑まれるなんて、冷静に考えるとすごくマッチメークが不利な気がするけど(笑)、これから頑張ります!」と気合十分。

 菊池も「 “主婦目線のものが苦手”とおっしゃっていたので、そこを攻めていったら、よい試合ができそうだなと思っています。キッチン用品とか、新しい食材というテーマなら、パパを困らせることができそう!」とやる気をみなぎらせていた。

オリコントピックス