• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 高良健吾、連ドラ初主演に「不安だらけ」 水川あさみにメールで相談

高良健吾、連ドラ初主演に「不安だらけ」 水川あさみにメールで相談

 俳優の高良健吾と女優の水川あさみが11日、東京都内でWOWOWの新ドラマ『罪と罰 A Falsified Romance』の制作発表会見を行った。ドラマの原作は、ロシアの文豪・ドフトエフスキーの『罪と罰』を現代日本に翻案した落合尚之氏の同名コミックで、身勝手な理由から罪を犯す主人公の深い苦悩と葛藤を描く重厚な物語。撮影に入る前まで「不安だらけだった」という高良は、相手役の水川に「台本大変だね、これできるかな。不安でしょうがないんですけど…って、メールしちゃいました」と、相談していたことを告白した。

 高良と水川は、オムニバス作品『女たちは二度遊ぶ』(2010年)で1度共演したことがあり、プライベートでも何回か飲みにいったことがあるという気心の知れた仲。高良は「監督の演出も『はい、どうぞ』って、感じでしたし、僕らが感じながら動いたことを画に切り取ってくれた。僕の生きてきた中と、水川さんが生きてきた中から生まれてくるもののぶつかり合いだから、他の人じゃできない(芝居ができた)」と力強く語った。

 水川も「不安になることがお互いたくさんあって、でも高良くんの作品に対するエネルギーというのがすごい現場に満ちて、頑張ろうという気にさせてくれたし、引っ張ってくれていました。高良くんは年下ですけど、信頼しているし、尊敬しているし、今回、弥勒と英知香という大変な役を高良くんとできたことがすごく嬉しかったです」と応えた。

 高良が演じた裁弥勒は、小説家志望だが、大学をドロップアウトしたいわゆるニート。アパートの自室に閉じこもり、肥大する自尊心と過敏な劣等感の間でもがきながら、持て余したエネルギーを恐るべき“ある計画”に向けていく。高良は「小説家志望なので、弥勒のセリフが今まで使ったことがないような言葉だらけで、文学的で、長くて…。セリフ覚えるのは大変でしたね」と苦笑いだったが、後は現場や共演者との生身の芝居に身を委ねたという。

 高良は「こんなに濃い1ヶ月半はなかった」と撮影を振り返り、「連続ドラマの初主演作品が、この作品で良かった。この作品の現場と、キャスト、スタッフに出会えて良かった」と出来上がった作品への手応えを口にしていた。

 水川が演じる飴屋英知香は、追い込まれた弥勒を受け止め、彼の考え方を変えていく運命の女だが、彼女自身も悲劇的な過去を背負っている設定。「不幸中毒というか、知らないうちに不幸な選択をしている女性。感情の起伏も激しくて、体当たりといえば聞こえはいいが、現場でやるしかないという感じでした。共感しがたい女性を演じられたのは新しかったし、私にとっても挑戦でした。素敵な女性だな、なんて思われなくていい」と潔く語っていた。

 WOWOWの連続ドラマW『罪と罰 A Falsified Romance』は4月29日(日・祝)スタート、毎週日曜午後10時より放送。第1話は無料放送される。全6話。

オリコントピックス