ドラマ&映画 カテゴリ

元宝塚男役トップから“白衣の天使”へ 真飛聖、草なぎ主演ドラマで“女優”デビュー

 昨年宝塚歌劇団を退団した元花組男役トップスターの真飛聖(35)が、4月スタートのSMAP草なぎ剛主演ドラマ『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語』(毎週火曜 後10:00 フジテレビ系)で連続ドラマに初出演することが26日、わかった。看護師長の役でナース姿を初披露し、“白衣の天使”へ華麗なる転身。男役一筋17年、本格的“女優”デビューを飾る。

 同ドラマはサラリーマンから医者を目指し、37歳で医師になった主人公・紺野祐太(草なぎ)が“患者が本当に求めている医療”を模索しながら、医師として、一人の人間として成長していく姿を描くヒューマンラブストーリー。「私も17年間宝塚で男役として舞台に立ち、35歳にしてこの作品で女優としてスタートを切られていただくということで、主人公に自分を重ね合せ、勇気をもらっています」と決意も新たに、新境地に挑む。

 真飛が演じるのは総合内科病棟の看護師長を務める相澤直美。毎年、春になると集団でやってくる研修医たちを毛嫌いしていたが、その中の一人として現れた祐太とは、高校の同級生だった。その意外すぎる再会に驚き、その後、何かにつけ、祐太のことを気にかけることになる。

 草なぎとの共演に真飛は「瞳の奥が真っすぐなうそのない方」と好印象。「影響し合い成長する姿や、夢への温度差、同じところと、対照的なところ、そうした部分を面白く描ければと思います」と意気込みを語っていた。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索