• ホーム
  • グルメ
  • 松本幸四郎&松たか子親子共演CM 新作にコシノ・ジュンコが登場

松本幸四郎&松たか子親子共演CM 新作にコシノ・ジュンコが登場

 俳優の松本幸四郎と娘・松たか子が親子共演を果たし、サスペンス映画の予告篇のようなスリリングな構成で話題をさらった缶コーヒー『ボス ゼロの頂点 −カロリーゼロ−』のテレビCM。そのシリーズ第2弾となる新作がこのほど完成した。今回はファッション界に君臨する大物デザイナー(松本)と若手(松)の対立が激しく描かれ、業界の重鎮役として世界的なファッションデザイナーであるコシノ・ジュンコ氏が登場。ライバル役での親子“競演”にくわえ、コシノ氏がファッションついて持論を語る“即興インタビュー”シーンも話題を呼びそうだ。

【写真】その他の写真を見る


 シリーズ第1弾では、謎の失踪事件を追う記者と大物大臣との攻防劇が繰り広げられ、「映画化するのでは?」という憶測が飛び交うほど、視聴者の関心を集めた。そこで、同商品のリニューアルに合わせて続編が製作されるのかとも思われたが、第2弾では前作と内容がガラリと変わった「試写会篇」「特報篇」「展開篇」の3パターンを用意。華やかなファッション業界の裏側に渦巻くプライドと嫉妬、デザインの盗作劇など、数十秒のCMとは思えない緻密なストーリーが圧倒的なスピードで進んでいく。

 映像では大物デザイナー・KOSHIRO MATSUMOTOがファッションショーを成功させる裏側で、自分のデザインを盗作され、怒りを爆発させる若手・TAKAKO Mの姿が映し出される。その後の展開として、今度は逆にTAKAKOがKOSHIROのデザインを奪い、ショーを成功させるといった熾烈なバトルを展開。しかし「試写会篇」では松本&松親子が海外の映画祭で大勢の観客から盛大な拍手で絶賛されている映像が盛り込まれており、1つのCMのなかでフィクションの世界を2重に構築している。

 松本と松は今回、ライバルとして対立し、怒りの感情を爆発させるシーンにそろって挑戦した。「片付けは大変になるけど、ありがとうという気持ちを込めて思いっきり暴れちゃいました」という松とは対照的に、松本は「僕はお茶碗の中にご飯粒を残さないとか、モノを大事にする世代。だから、ああいうモノを壊すシーンというのは非常にやりにくくってね(笑)」。しかし監督からOK が出ても松本の興奮冷めやらぬといった鬼気迫る演技は確かに現場に緊張感をもたらし、周囲の度肝を抜いていた。

 熾烈な“競演”に目を奪われるなか、コシノ氏はマスコミからファッションについてインタビューを受ける業界の重鎮役で登場。事前に監督からは「講演しているような感じで」とのオーダーがあり、その場で監督がコシノ氏に次々と質問を投げかけ、それに答えていく形で撮影は進められた。即興インタビューでも動じることなく言葉を繰り出すコシノ氏の臨場感たっぷりなシーンも、見どころの1つといえそうだ。

 サントリー『ボス ゼロの頂点 −カロリーゼロ−』の新CM「試写会」篇(15 秒)は25日から、さらにコシノ氏が登場する「特報」篇(15 秒・30 秒・60 秒)と「展開」篇(15 秒)を28 日より全国順次オンエア。

>>【CMカット】『ボス ゼロの頂点 −カロリーゼロ−』


松本幸四郎、松たか子出演舞台 チケット発売情報



関連写真

  • 若手デザイナーと熾烈な戦いを繰り広げるKOSHIRO MATSUMOTO(松本幸四郎)
  • 大物デザイナーを出しぬくMATSUKO M(松たか子)
  • 親子の緊迫した“競演”にさらなるインパクトを与えるコシノ・ジュンコ
  • 【CMカット】新CM『ボス ゼロの頂点 −カロリーゼロ−』より
  • 【CMカット】新CM『ボス ゼロの頂点 −カロリーゼロ−』より

オリコントピックス