• ホーム
  • 映画
  • 深田恭子、結婚しないのは「夢を見ているから」

深田恭子、結婚しないのは「夢を見ているから」

何かと話題の絶えない今年のNHK大河ドラマ『平清盛』(毎週日曜 後8:00〜 総合ほか)。12日放送の第6回「西海の海賊王」では、後に清盛の妻となる時子が初登場する。演じるのは女優・深田恭子。紫式部の『源氏物語』に憧れ、光源氏のような男性の出現を待つうちに婚期が遅れてしまい、周囲から押し付けられる形で清盛と結婚することになる、という役どころだ。このほどインタビューに応じた深田は「私もまだ夢見ているようなところがあるから、お嫁に行けてないんだと思います」と自己分析し、笑いを誘った。

深田は2009年の『天地人』で淀殿を演じて以来の大河ドラマ。しかし、今回は11歳で登場して...

この記事の画像

  • NHK大河ドラマ『平清盛』第6回(2月12日放送)に初登場する時子役の深田恭子。平氏の行列に清盛の姿を探すシーンより (C)NHK
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第7回(2月19日放送)のワンシーン。なかなか拝殿をゆずろうとしない清盛(松山ケンイチ)に声を掛ける時子(深田恭子・写真) (C)NHK
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第6回(2月12日放送)に初登場する時子役の深田恭子。平氏の行列に清盛の姿を探すシーンより (C)NHK
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第7回(2月19日放送)のワンシーン。なかなか拝殿をゆずろうとしない清盛(松山ケンイチ)に声を掛ける時子(深田恭子・写真) (C)NHK

オリコントピックス