アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 99歳・新藤監督、新作に意欲「100歳の映画撮りたい」

99歳・新藤監督、新作に意欲「100歳の映画撮りたい」

日本最高齢の映画監督・新藤兼人氏(99)が28日、都内で開催された『第24回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』表彰式に出席。新藤監督は、映画人生“最後”の作品として手掛けた『一枚のハガキ』が作品賞と監督賞の2冠に輝いたが、周囲から新作を熱望され「だんだん歳をとってまいりまして、限界が来たと思っていますが、周囲が許せばもう1本。100歳の映画を撮りたい」と新作に意欲をみせた。

車椅子で登壇した新藤監督は「監督賞が欲しかったんですが、やっと手に入って喜んでお...

この記事の画像

  • 新作に意欲も見せた新藤兼人監督 (C)ORICON DD inc.
  • 花束を受け取る新藤監督 (C)ORICON DD inc.
  • 『第24回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』授賞式に出席した新藤兼人監督(中央)と津川雅彦(左) (C)ORICON DD inc.
  • 津川雅彦 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス