• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 向井理、主演ドラマで塚本&三浦との“イケメントリオ”結成!

向井理、主演ドラマで塚本&三浦との“イケメントリオ”結成!

 俳優の向井理が主演を務める、来年1月スタートの新ドラマ『ハングリー!』(毎週火曜 後10:00 関西テレビ・フジテレビ系)に、俳優の塚本高史三浦翔平が出演することが21日、わかった。今作で2人は、向井演じる主人公・英介とかつてロックミュージシャンを目指し、その後一緒にフレンチレストラン開業の夢にシフトしていく仲間を演じる。塚本は元ギタリスト、三浦は元ボーカリストという設定で、向井と共に豪華“イケメントリオ”を結成する。

 同作は“ロック&フレンチ”をテーマに、ミュージシャンになる夢を諦めた30歳目前の主人公・山手英介(向井)が、母の死をキッカケに心境が変化。かつてのミュージシャン仲間とともに自分のレストランをオープンしようと奮闘する姿を通し、挫折や仲間との絆、ライバルとの対決といった様々な要素を織り交ぜ、主人公の成長ぶりをコメディタッチで描く。

 今作で塚本と三浦は、向井演じる英介がかつて率いていたロックバンド「ROCKHEAD」のギタリスト・住吉賢太(塚本)とボーカル・平塚拓(三浦)を演じる。塚本演じる賢太は、英介の子供時代からの親友でレストランでも積極的に英介をサポートするという役どころ。普段、料理を一切しないという塚本は「ダメでしょ(笑)。ボクまったく料理できないし、あちこちで“男が料理なんて作るもんじゃねぇ”って言ってるんで」と、料理シーンには若干の不安を感じている様子。だが「普段そう言っているボクと、今回の役柄とにギャップがつけばいいかなと思います」と新たな役どころに期待を膨らませるようだ。

 一方メンバーの中で最年少であり、お調子者で女の子が大好きという“チャラ男”拓を演じる三浦は、今作で初のボーカル役に挑戦するにあたって、クランクイン前からボイストレーニングをスタート。撮影に合間にも頻繁にトレーニングをするなど、入念に役作りに取り組んでいるようだ。最年少の三浦だが「向井さんが演じる英介たちのことを『オッサン!』と呼ぶセリフがあるんですが、そんな英介たち“年上オッサン連中たち”に、反抗期的な風を吹き込んでいきたいなと思っています!」と、堂々と対峙することを誓う。

 劇中では、ミュージシャンとしての演奏シーンも盛り込まれる予定で、イケメン3人によるセッションは見どころのひとつ。文字通り“バンマス”を務めることになる向井は「音合わせすることによって、会話とかなくても大体どういう人か分かったりするので、僕はプロのミュージシャンじゃないですけど、1回メンバーで集まってできたらいいなと思います」と、セッションシーンを心待ちにしている。

オリコントピックス