ドラマ&映画 カテゴリ

女優の仲里依紗が12日、韓国で開催中の『第16回釜山映画祭』アジアの風部門に出品の主演映画『ハラがコレなんで』(石井裕也監督)の公式上映後、舞台あいさつに登壇した。仲は全68公演に及ぶ舞台『髑髏城の七人』を終えた直後の11日昼過ぎに釜山入り。少しハスキーな声で「アンニョンハセヨ、ナカリイサイムニダ。マンナソパンガウォヨ。プサン、チェゴ!(こんにちは。仲里依紗です。お会いできて嬉しいです!釜山最高!)」と韓国語であいさつし、会場から歓声を浴びていた。 同作は、自分のことより、他人のことを思いやる主人公の妊婦・光子が、周りのみんなを元気にしていく人情味あふれる物語。仲は同映画祭には初参加だが、韓国内では主演映画『時をかける少女』が今年3月に公開され、『ヤンキー君とメガネちゃん』『幸せになろうよ』などの出演したTVドラマもインターネットで視聴されるなどして人気が高く、この日を含めた3回の正式上映のチケット、約750席が完売する盛況ぶりだった。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索