ドラマ&映画 カテゴリ

2PM・テギョン、日本の連ドラに初レギュラー出演

10月スタートのドラマ『僕とスターの99日』に出演する2PMのテギョン (C)フジテレビ

10月スタートのドラマ『僕とスターの99日』に出演する2PMのテギョン (C)フジテレビ

写真ページを見る

 韓国出身の6人組アイドルグループ・2PMテギョンが、10月23日スタートの俳優・西島秀俊と韓国女優のキム・テヒがW主演する連続ドラマ『僕とスターの99日』(毎週日曜 後9:00 フジテレビ系)に出演することが28日、わかった。キム・テヒ演じる韓国の大スターに近づく謎の男・テソン役で日本の連ドラに初めてレギュラー出演するテギョンは「日本での初めてのドラマ出演を、こんなに素晴らしいキャストの皆さんやスタッフの方々と作り上げていけることがとても嬉しいです」と喜んでいる。

 「いちばん近くて遠い恋」をテーマにした同ドラマは、来日した韓国大スターのハン・ユナ(キム)と、彼女の専属ボディガードを務める警備会社のバイトで冴えないアラフォー独身男・並木航平(西島)という、本来出会うはずのない凸凹な2人が織りなす“期間限定”ラブコメディ。言葉が完全には通じないながらも、ボディガードの契約期間である“99日間”の期間限定で展開される切なく笑える秘密の恋愛と、2人を取り巻くファンキーな家族や仲間との絆を描く。

 テギョンは“野獣アイドル”の異名を持つ2PMとしての活動のほか、韓国では『シンデレラのお姉さん』(2010年放送)や『ドリームハイ』(2011年放送)などの人気ドラマに出演。日本では今年5月26日放送の天海祐希主演ドラマ『BOSS』第6話にメンバー揃って本人役でゲスト出演している。

 テギョンが演じるのは、大スター・ユナ(キム)と何らかの関係がある謎の男・テソン。テソンはこれまで自身を取り巻く環境からある夢を諦め、さらに誰にも打ち明けていない大きな秘密を抱えている。その秘密こそがパパラッチの橋爪(要潤)らを巻き込んで主人公の2人の人生に大きな影響を与えていくことになる。一方で航平の姪・桃(桜庭ななみ)との出会いが自身の諦めていた夢を取り戻すキッカケになるという複雑な役どころに挑む。

 同ドラマの企画を担当する成田一樹氏は、ミステリアスで存在感のある男性としてテギョンに出演を依頼。「テギョンさんにお願いした役は2人の主人公に後々大きな影響を及ぼす重要な役どころ。日本のドラマに新しい風を吹き込んでいただくことを期待しています」と信頼を寄せる。撮影現場では礼儀正しく明るい“素顔”のテギョンがおおいに盛り上げているといい、テギョン自身も「少しでもいい演技が出来るように、全力で頑張りたいです」と力強く意気込んでいる。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索