ドラマ&映画 カテゴリ

長谷川博己、『セカンドバージン』は「ターニングポイント」

 若くして離婚して以来、仕事一筋に生きてきた45歳の女性と、妻のいる17歳年下の男性のスキャンダラスな純愛を描く『セカンドバージン』(黒崎博監督)が、9月23日から公開される。昨年10月よりNHK総合(ドラマ10)にて放送されたドラマの映画化。鈴木京香演じるキャリア女性・中村るいと激しい恋に落ちる鈴木行役を演じて大ブレイクした長谷川博己は「映像作品では一番大きな役をやらせてもらった最初の作品。ターニングポイントになった」と話す。

 ドラマ版は放送を重ねるごとに視聴率が上昇し、最終話(第10話)では、同枠最高の視聴率を記録し、社会現象を巻き起こした。その勢いさめやらぬまま、長谷川は今年4月からテレビ東京系のドラマ『鈴木先生』でのドラマ初主演とチャンスをつないだ。

 「役者は待つ仕事でもありますから、オファーがたくさんくるのはいいことですよね。『セカンドバージン』で注目されて、いろいろな作品にお声がかかるようになったことは、本当にありがたいことですね」。

 長谷川は、文学座出身で2002年に舞台『BENT』に抜てきされ、その後『カリギュラ』『ヘンリー六世』など多くの蜷川幸雄演出作品に出演。2008年よりドラマにも出演するようになり、映画はこの『セカンドバージン』が初出演作となる。

 映画版は、ドラマの続編ではなく、ドラマ放送時には描かれなかった衝撃の真実が、マレーシアを舞台に明かされることになる。突然の別れから5年後、出張先のマレーシアでるいは行に再会するも、目の前で突然銃弾に倒れてしまう。なぜ、こんなことになったのか。2人の出会いから、お互い激しく求め合い、ともに暮らした日々と別れが思い出されていく。「行が死にかけているという状況下で、回想シーンの2人が幸せであればあるほど、切なさが募ると思う」と映画版にも自信をみせる。

 今回、病床に伏しながらの感情表現もやりがいがあった。「自分に負荷を加えていくほうが、役に入り込みやすい。今回は動けないという負荷が設定上あったわけですが、そういうものがあったほうが、役に対する深みが増えて、掘り下げられて面白い。五感を研ぎ澄まして集中して役に入りこめました」

 自身にとって特別な作品となった『セカンドバージン』。大役に挑んだ長谷川は、満ち足りた表情で「人生、何が起きるかわからないってことですね」と語っていた。

【動画】映画『セカンドバージン』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


関連写真

  • 役者は待つ仕事」と受け身で攻める長谷川博己 (C)ORICON DD in 
  • 映画『セカンドバージン』より るいと行の出会いのシーン (C)2011映画「セカンドバージン」製作委員 
  • クアラルンプールで奇跡の再会を果たすも、銃弾に倒れる行 るいの必至の看病は行の身体と心を癒すのか… (C)2011映画「セカンドバージン」製作委員 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索