ドラマ&映画 カテゴリ

『鉄道員(ぽっぽや)』『地下鉄(メトロ)に乗って』などの作家・浅田次郎原作の映画『日輪の遺産』(佐々部清監督)ジャパンプレミアが66回目の終戦記念日の15日、物語に縁の深い川崎・ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘で行われた。 1945年8月、敗戦前夜に「マッカーサーの財宝を秘密裏に隠匿する」という歴史に隠されたミステリーから始まる物語。主な登場人物は、極秘任務に携わった3人の軍人と20人の女学生とその教師。舞台あいさつに登壇した女学生の一人、級長の久枝役を演じた女優の森迫永依は「私たち女学生の間では、中村獅童さんがクールで無口でカッコイイと言われていました」と撮影中の秘話を語り、会場を沸かせた。

この記事の画像

  • 映画『日輪の遺産』のジャパンプレミアに登場した(左から)佐々部清監督、森迫永依、堺雅人、浅田次郎氏 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『日輪の遺産』のジャパンプレミアに登場した堺雅人 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『日輪の遺産』のジャパンプレミアに登場した森迫永依 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『日輪の遺産』のジャパンプレミアに登場した佐々部清監督 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『日輪の遺産』のジャパンプレミアに登場した浅田次郎氏 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索