アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 加藤浩次が『平清盛』で大河デビュー「別世界と思っていた」

加藤浩次が『平清盛』で大河デビュー「別世界と思っていた」

 お笑いタレントの加藤浩次が、松山ケンイチ主演の2012年NHK大河ドラマ『平清盛』にオリジナルキャラクター・兎丸(うさぎまる)役で出演することが8日、発表された。かつて平氏に殺された京の盗賊・朧月の子で、やがて瀬戸内海全体を仕切る「西海の海賊王」として清盛と死闘を演じ、その後は清盛のもとで平家水軍を任される。会見で加藤は「大河に出るなんて別世界と思っていた」と心境を明かし「芸能\人として1ランク上がったかな」と国民的ドラマ初出演を喜んだ。

 カナヅチの加藤は、海賊役のオファーを「泳ぐシーンがないと言われて」快諾。夫人に伝えたところ驚かれ、子どもからは「海賊のアニメが好きなので『え〜凄いじゃん、パパ! 腕伸びるの?』と言われた」と某人気コミックと勘違いされた様子。さらに「ママ友たちには『パパ凄いんだよ。パイレーツ・オブ・カリビアンに出るんだよ』って言って、間違った情報にもなってた」と笑わせ、「大河出るってすごいことなんだな」と反響の大きさを実感したという。

 同作の磯智明チーフプロデューサーは「いろんな若い芸人さんたちを棟梁のように仕切っている加藤さんには、現場で何十人もの海賊たちを仕切る姿というのがリアルに浮かんだ」と太鼓判。本業のお笑い芸人のほかにも俳優、情報番組キャスターと幅広い活躍をする加藤の手腕に期待を寄せ「男臭くて面白いかと思った」とドラマのスパイスに欠かせない存在とした。

 今回、新たに発表されたキャストは、今作の“語り(ナレーション)”も担当し、平家滅亡と鎌倉幕府を成立させる源頼朝役に岡田将生。頼朝死後、尼将軍として幕府を支える妻・北条政子を。清盛の出世を陰から支える平時忠役にV6森田剛。保元の乱で清盛と敵対する崇徳天皇側に付き、平家分裂を引き起こす平忠正を豊原功補。平家繁栄の礎を築いた清盛の祖父・平正盛を中村敦夫。最高権力者として君臨する白河法皇を伊東四朗。白河法皇の子を宿し、清盛の母となった舞子を吹石一恵が演じる。



関連写真

  • 2012年大河ドラマ『平清盛』で“西海の海賊王”兎丸役を演じる加藤浩次 (C)ORICON DD inc.
  • 2012年大河ドラマ『平清盛』新キャスト発表会見に出席した(左から)加藤浩次、豊原功補、中村敦夫、松山ケンイチ、岡田将生、杏 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス