ORICON STYLE

室井慎次から自分とは違う何かを教えてもらった

連載第8回は、“静の美徳”を体現する寡黙なヒーロ―・室井慎次を演じた柳葉敏郎が登場!男が憧れるカッコいい男を15年間演じてきた裏側の意外な苦悩(!?)から、ファイナルのラストシーンでみせた室井の表情に込める真意まで、シリーズへの想いをたっぷりと語っていただきました!!

僕が東京へ出て来たときと同じような想いがある

──青島もヒーロー、室井さんもヒーロー、しかも室井さんはある意味、一番苦しい立場のヒーローでした。室井さんを演じた15年を振り返ってみて、今どんな感想をお持ちですか。 【柳葉】 結婚生活15年、よく続いていますよね……あ、違うか(笑)。

──ちょうど“踊る”がスタートした頃にご結婚されたんですよね。結婚生活15年、“踊る”生活15年ですね! 【柳葉】 (笑)……室井はよく戦ってきました。戦いっぱなしでしたね。いつも言っていることなんですが、東北大の室井がキャリア組というのはありえない設定なんです。そんな成り上がりの男ですが、僕が東京へ出て来たときと同じような想いがあるんじゃないかなと。そういう気持ちをずっと忘れずに持って演じてきて、気がついたら15年経っていました。一生懸命に戦いながら、あっという間の15年でしたね。

──室井さんを演じるうえで常に気をつけていたことは?あの室井像ができあがるまでの道のりも聞きたいです。 【柳葉】 室井の最初の設定は、冷酷でクールな男でしたが、青島をはじめとする湾岸署のみなさんと接することで、本来持っていた正義感が掘り起こされます。なので、僕自身が作ったキャラクターではないんですよね。周りの人たちが持ち上げて作ってくれました。とはいっても他人まかせというわけではなく、そこにしっかりと乗っかって、担ぎ上げてくれている人たちの想いに応えなければならないという責任感を持ってやってきたつもりです。室井という男の戦い方や考え方は、この15年間の間にどんどん成長しているんですよね。つねに新しい挑戦をしてきた男でもあります。

──その内に秘めた熱さが、キャスト&スタッフが口々に言う存在感のある“室井オーラ”ですね。 【柳葉】 それはね、勘違いです(笑)。テレビシリーズのスタート時から僕がどれだけ湾岸署の輪に入りたかったことか。「なんでオレは輪に入れずひとりなんだ?」と、けっこうつらい時間を過ごしてきました(笑)。でも、室井を演じるためにはそうせざるを得なかったんですよね。柳葉敏郎自身の基本はあの湾岸署員ですから、あのなかに入ってしまったらダメだなというのは分かっていました。そういう意味では、室井を演じさせてもらうことによって、俳優として(自分とは違う)役から何かを教えてもらったのかもしれないですね。

僕自身はほかに選択肢がなかった“静の美徳”

──輪に入れない葛藤があったとは知りませんでした。たしかに、あの和気あいあい感は楽しそうですよね。 【柳葉】 ほんとにね(笑)。僕はいつも(撮影現場の)階段のところで座っていることが多くて。ときどき、いかりやさんが来てくれて、競馬の話とか話し相手をしてくださって、張り詰めたものがスーッと癒されていました。

──そういう孤独感があったからこそ室井さんのあの凜とした居ずまいが生まれたんでしょうね。 【柳葉】 結果的にそういえるとは思うんですが、僕自身はほかに選択肢がなかったんです(笑)。あとは、周りの人たちの気遣い、盛り上げに感謝ですね。

──決して笑わないというイメージはどうやって生まれたんですか? 【柳葉】 俳優としては何かしたくて仕方ない衝動に駆られるんですけど、本広監督から「それはやめてくれ」「それ以上何もしないでくれ」と、いつもストップがかかるんですよ。彼いわく“静の美徳”らしくて。なので、室井役はそれに徹したというか徹されたというか、最後の最後まで難しかったですね。

──そういえば、「動かない室井が格好いい」と本広監督はおっしゃっていました(次週掲載予定)。今回の朝日を浴びながら車を待っているときの室井さんの横顔、ラストシーンの表情は、たまらなく格好良かったです。 【柳葉】 その表情に関しては、もともとなかったシーンなんですよね。青島がしゃべって出て行くというあの一連のシーンは最初の台本にはなかったので、追加されたときに「えっ!?室井はどうしたらいいんだ?」と、かなり悩みました。そうしたら、本広監督が即答で「去っていく青島の背中を見て、ほくそ笑んでください」とひと言。あのシーンは監督の演出力のたまものですね。僕が気づかずにやってきたこと、あるいはやらなかったことを監督はちゃんと見ていて、ポイント、ポイントで指摘するんです。こっちが「えっ、ほんとにコレでいいの!?」と疑問に思っても、返ってくるのは「大丈夫!」のひと言。それがまた、きっちり成立しているんですよ。

──もちろん、あの表情もしっかりと成立していました! 【柳葉】 悔しいけれど、本広さん巨匠だなぁ(笑)。

──室井さんの「バナナ」のセリフも印象的でした(笑)。 【柳葉】 あれも本広監督は「今回の室井のキーポイントだ」って言うんです。撮影時は「あそこに室井の頂点を持ってくるのか?」と思いながらやっていました(笑)。ただ、僕自身はああいいう世界観が大好きなので、笑ってしまって(NGを出してしまった自分は)まだまだだなとは思いましたけどね。とはいっても、あのバナナのシーンは青島と室井の絆、見えない“あうん”の何かがあるシーンでもあるんです。

青島と室井の関係はやっとスタートラインに立った

──その青島と室井さんのふたりが交わした約束は果たされるのか?というのも『ファイナル』のみどころでもありますが、約束について、結末について、どう捉えていますか? 【柳葉】 織田さんとも話していたことなんですけど、青島と室井はお互いに正義というものの表現は違っても根本は一緒。誰が見ても正しいものが正義であって、それができていない世の中にふたりは不満を持っている。青島は素直に自分の感情を表現する一方、室井はそれが成立できるように手を貸す──想いは一緒なんですよ。テレビシリーズの後半ぐらいからふたりの間に絆が生まれて、気持ちがひとつになって、それぞれの立場で目標に向かっていくというのがテーマになっています。なので、それが崩れないかぎりふたりの関係は永遠じゃないかなと。ファイナルという位置づけではありますけど、青島と室井の関係はやっとスタートラインに立った気がするんです。

──それが『新たなる希望』というタイトルにつながっていくんですね。 【柳葉】 そうですね、つながっているといいですよね。『ファイナル』の台本を読んだとき、同じ時間のなかで青島と室井が過ごせるストーリーに「ああ、がんばろう」と思って、現場に行くのがすごく楽しみだった記憶があります。

──シリーズを通して室井さんも数々の名セリフを残してきましたが、柳葉さん自身が一番気に入っているセリフは何ですか? 【柳葉】 今回のセリフはネタバレになるので言えないですが、これまでに室井が発したなかで挙げるとしたら……「現場の君たちを信じる」という言葉ですね。これは決してキャリア組がいう言葉ではないので、この言葉を発することは、室井自身が青島たちの気持ちを受け止めるということでもあるので。

──ちなみに、亀山さんにお話をうかがったとき、青島イズムを持った若手プロデューサーが現れたときは「分かった、責任は俺が取る(からやってみろ!)」と言うとコメントしていました。 【柳葉】 格好いいこと言うなぁ、亀山さん。

──そんな亀山さんや本広監督は柳葉さんにとってどういう存在ですか? 【柳葉】 師匠であり戦友であり、戦わなければならない師匠という感じですね。

──いい関係性ですね。また、15年間という歴史もさることながら、これだけスピンオフが多く生まれた作品も珍しいですよね。『容疑者 室井慎次』のスピンオフが決まったときのことも改めて聞かせてください。 【柳葉】 イヤでしたね(笑)。

──ユースケさんとは全く違うリアクションですね(笑)。で、その理由は? 【柳葉】 室井は秘めたものがあってこそだと思っていたのと、基本的に主役が嫌いだからです(笑)。ただ、『容疑者 室井慎次』は脚本家の君塚さんが監督で、君塚さんの言葉一つひとつには室井に対するものすごい想いがあるわけですよ。もちろん、それぞれの役に対してもそうだとは思うんですが、たとえば、普通に振り返っているつもりでも、「違うんです、室井さんはそんなふうにはふり返らないんです。あのときの感じです」とか(笑)。あれほどまでにキャラクターを気にかけてくれることを知って、それに対しての恩返しをしたいというのもあったかもしれないですね。君塚さんのキャラクターへの思い入れをはじめ『踊る大捜査線』シリーズは、スタッフとキャストがしっかりとスクラムを組めている、そういう作品だと思います。

──たしかに。最後に、青島にとってアーミーコートがトレードマークですが、室井さんにとってあの黒いコートはどういう存在ですか? 【柳葉】 僕もあれがないと室井にはなれないですね。青島と同様に室井にとって黒いコートはユニホームです。

(文:新谷里映/写真:片山よしお)

プロフィール

柳葉敏郎 1961年1月3日生まれ。秋田県出身。
1984年、劇男一世風靡“セピア”のメンバーとして路上パフォーマンスを繰り広げ話題を呼ぶ。その後、1986年に映画『南へ走れ 海の道を』で本格的にスクリーンデビュー。日本アカデミー新人賞を受賞する。以降、テレビ、映画、舞台、CMと幅広く活躍する。

PROFILE詳細 OFFICIAL SITE

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

 湾岸署管内で開催中の国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が発生。数時間後に被害者は射殺体で発見される。使用されたのは、警察が押収した拳銃。緊急招集された捜査会議では、全ての捜査情報を管理官・鳥飼へ文書で提出することが義務付けられ、所轄の捜査員には一切の情報が開示されない異例の捜査方法が発表される。

 そんななか、第2の殺人が発生。そして、捜査員たちを嘲笑うかのように起こった第3の事件。「真下の息子が誘拐された……!」――疑念を抱きながら必死に真実を突き止めようと捜査する青島。その捜査こそが、青島、最後の捜査になるとも知らずに……。

監督:本広克行
脚本:君塚良一
出演:織田裕二 深津絵里 ユースケ・サンタマリア柳葉敏郎
伊藤淳史 内田有紀 小泉孝太郎北村総一郎 小野武彦 斉藤暁 佐戸井けん太真矢みき
筧利夫小栗旬 香取慎吾

2012年9月7日(金)全国東宝系ロードショー
(C)2012 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー

Facebook OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る

エンタメ インタビュートップへ

P R

[an error occurred while processing this directive]
イープラス