全国高校サッカー選手権大会・応援歌に史上最年少で抜擢、SNSで注目度急増 16歳のシンガー・三阪咲とは?

 1月13日に決勝が行われる「第98回全国高校サッカー選手権大会」。令和初の今大会の応援歌に抜擢されたのは、選手たちと同世代の現役高校1年生・三阪咲だ。デビュー前ながら地元でのライブで地道にファンを増やし、テレビ出演をきっかけにSNSのフォロワーも激増。2019年12月30日からはEP『Every day, Every night』収録の全4曲もストリーミング配信がスタート。注目の存在となっている彼女の素顔や、「歌手になりたい」という夢と選手たちの思いを重ねた楽曲制作について話を聞いた。

新しい一歩を踏み出せるようなパワーを届けたい

──過去に錚々たるアーティストが務めてきた応援歌を、現役高校生が単独で務めるのは史上初のこと。オファーがあったときはどんな気持ちでしたか?

三阪オリジナル曲も作り始めたばかりだったので、「自分でいいのかな」という不安はありました。サッカーはもともと好きで、普通にテレビなどで見ていたんですが、今回、応援歌を担当させていただくということが決まり、地区大会の予選に連れて行っていただいたんです。その間に応援歌を作らせていただく実感や、歌詞のアイデアが湧いてきました。あとはサッカーとかスポーツをやってる友だちに「こういうときってどんな気持ち?」と話を聞いて、歌詞のヒントにさせてもらいました。

──そうした"取材"を通して作られた応援歌「繋げ!」はどんな内容になりましたか?

三阪当たり前ですけど、優勝するのは1校だけなんですよね。「全国高校サッカー選手権大会」では約4900校が敗退すると聞きました。友だちが言ってたんですが、試合もあと数分になると「負けだ」って感じるらしいんです。「それでも試合終了のホイッスルが鳴るまで走り続けるしかないんだ」って。実際、試合を見せてもらったら本当にそうだったので、すごく感動して「笛の音が鳴り響くまで "もう一度"がない試合で がむしゃらに走り続ける」という歌詞ができました。それと決勝大会が終わったら、卒業まであと少し。勝った人も負けた人も、「青春をサッカーに注いできてよかった」という前向きな気持ちで、新しい一歩を踏み出せるようなパワーを届けられればと考えて作りました。

1月13日の決勝大会では、5万人の前で歌唱

──今回は応援歌のほかに"みんなのアンセム"として「We are on your side」という曲も制作されたそうですね。

三阪はい。地区大会の予選を見させていただいた際に、マネージャーさんや応援席のみなさんの姿がとても印象的で。私も応援する立場だったので、選手を支える周りのみなさんの想いも歌詞に込めたいなと思うようになったんです。"応援歌"のほうは選手の皆さんの視点を中心に書いていたので、なかなか難しくて悩んでいたところ、日本テレビの方から「もう1曲別に書いてみたら?」と提案していただいたんです。

──バラード調の「繋げ!」とは打って変わって、こちらはみんなで声を合わせて盛り上がれそうですね。

三阪そういうところも意識して、コール&レスポンスみたいなフレーズを何回も入れました。実は5ヶ所の地区大会決勝で"キックオフライブ"としてこの2曲を歌わせてもらって、初めて聴く方も多かったと思うんですが、一緒に歌ってくださったり、タオルを振り回して盛り上げてくださったりして、とてもうれしかったです。

──1月13日の決勝大会では、5万人の前で歌うことになりますが、いかがですか?

三阪そんな大勢の前で歌ったことないので、めちゃくちゃ緊張してます。でも選手のみなさんの背中を押せるように、しっかり歌いたいと思っています。

テレビ出演を契機にSNSフォロワーが急増

──三阪さんは歌手を目指して小学生の頃から路上ライブをしてきたそうですが、その頃はどういう曲を歌ってたんですか?

三阪中3くらいまではほとんどカバーで、Superflyさんや宇多田ヒカルさんなどをよく歌ってましたね。初めて人前で披露したのが通っていたスクールのコンテストで、MISIAさんの「逢いたくていま」を歌いました。そのときに賞をいただいたことで、「私、歌手になりたい」って思ったんです。小学生の夢みたいな感じで。でもそれからどんどん歌の練習が楽しくなって、そのうち本気で歌手を目指すようになりました。

──全国的な注目を集めるきっかけとなったのが、中3のときに出演した「音楽チャンプ」。反響はいかがでしたか?

三阪その前からライブの告知のためにSNSはやってたんですが、フォロワーさんも数百人くらいだったんです。ところがテレビに出演したとたんに通知が止まらなくて、1日で1万人くらいになって。お父さんやお母さんと「ひゃあー」とか言いながら、フォロワーさんがどんどん増えていく画面を見てました。

──ご両親と一緒にスマホを見てるのが現役高校生らしいですね(笑)。今やフォロワーも合計で30万人を超えていますが、気持ちはついていってますか?

三阪テレビに出させて頂いて1年くらい経ったので、ようやくですね。その前から5年くらいライブをやり続けてきたので、昔から応援してくださってる方が「本当によかったね!」と言ってくれるのがうれしいです。

目標は「高校生の間にZeppツアー」

──応援歌への起用をきっかけに、初の全国流通盤のCDもリリースされました。

三阪発売日が12月4日だったんですけど、地元のCD屋さんではその前日に置いてくれるということだったので、友だちとテスト勉強の後に見に行ったんです。そしたら店内で曲を流してくださってて、ちょっと泣きそうになりました。高校サッカーの選手のみなさんもきっと夏休みとか放課後をすべてサッカーに注いできたと思うんですが、私も多いときは月に8回くらいライブをやっていて、あまり遊べない時期もあったけど、それでもずっと友だちでいてくれて、応援してくれた子にすごく感謝してます。

──そんなふうに音楽漬けの青春を送っている三阪さんですが、ほかにはどんなことに興味があるんですか?

三阪料理が好きで、夏休みとかは家族のご飯係をしてます。なかでもうどんが好きすぎて、粉から麺を作ったことも。誰に教えられたでもなく麺をこねてたので、両親もびっくりしてました(笑)。オリジナルグッズのパーカーにもUDONの刺繍を入れてます! でもそのほかにって言われても……、私から音楽を抜いたら何もなくなっちゃう気がします。

──今まさに夢を追いかけてる最中ですもんね。将来はどんなアーティストになりたいですか?

三阪フォロワーさんが激増したときに、知ってくださる方が多くなればなるほど近い距離でいたいな思ったんです。その気持ちは今も変わらなくて、だから全国47都道府県をちょっとずつでもいいから回りきりたいです。それとずっと言ってる目標は「高校生の間にZeppツアー」。今年新しいZeppがオープンするみたいなので、ハードルが高くなっちゃったかもしれないけど、実現できるように頑張ります。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索