ドラマ&映画 カテゴリ

【受賞インタビュー】黒木華、イヤな女役でも好感度上昇 「自分の殻を破るのが目標」

登場人物はみんなどこかチャーミング。そこも野木さんの凄いところ

――『重版出来!』以来、2度目の野木脚本でした。朱里を演じて改めて気づいたことなどはありましたか?
黒木華皆さん、お芝居の質がそれぞれ違う方たちだったので、一緒にやっていてすごく勉強になりました。田中圭さんは監督が求めることを器用に表現されますし、龍平さんは、なんであんなに力を抜いた感じでセリフが言えるんだろう、と思いました。新垣さんの見たことのない表情を間近に見られましたし、山内さんはもともと大好きで舞台も拝見していたのでご一緒できて嬉しかったです。

――山内さんの演じられた剛腕社長も強烈なキャラクターでしたね。
黒木華あんな人がいたら怖いですよね(笑)。でも登場人物はみんなどこかチャーミングなんです。そこも野木さんのすごいところだと思います。今回は皆さんのお芝居を見ていて、コミカルな部分の成立のさせ方やリアリティについて本当に勉強になりました。

視聴者の皆さんからのレスポンスが早いのも連ドラの面白さのひとつ

――黒木さんは映画女優という印象も強いですが、映画と連続ドラマではどのような違いを感じていますか。
黒木華やっぱり連続ドラマは瞬発力が養われると思います。監督にもよりますが映画と比べると撮影の進むスピードがとても早く、毎日の撮影のなかで一番良いと思うことを瞬時に出していかなくてはいけないところが難しさでもあり、面白さでもあります。視聴率はあまり気にしませんが、視聴者の皆さんからのレスポンスが早いのも面白さのひとつではありますね。

――視聴者の反応などで少しお芝居を変えたりすることもあるんでしょうか。
黒木華そこは変わらないですし、それで変えてしまってはダメだと思っています。私が信頼すべきは監督と脚本と共演者の方たちなので。
――『獣になれない私たち』というタイトルでしたが、黒木さんご自身はお仕事の現場や日常のなかで“獣”になる瞬間というか、自分の殻を破って戦いを挑む場面もある?
黒木華私は割と良い子でいたがるタイプなので、殻を破っていくというのは目標でもあります。芝居中も“独りよがりになっていないかな”と考えてしまい、自分自身を出すのがけっこう苦手です。時には獣になりたいですね。

――では、今年チャレンジしたいことは?
黒木華スカイダイビングです! 空を飛びたいです。吉岡秀隆さんがすごく楽しいとおっしゃっていて、私もいつか挑戦したいと思っています!

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月28日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月28日号

<COVER STORY>
華岡徹氏(ソニー・ミュージックダイレクト代表取締役)
我々ならではの付加価値を付け
ファンへ的確に届ける

<SPECIAL ISSUE>
熱心なファンに支えられた時代からの変化
アナログレコード市場がこれからの音楽文化にもたらすもの

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索