• ホーム
  • 音楽
  • 音楽市場に活性化の兆し 音楽配信売上が2桁増 CDやライブなど他分野への波及効果にも期待

音楽市場に活性化の兆し 音楽配信売上が2桁増 CDやライブなど他分野への波及効果にも期待

 日本レコード協会が8月26日、「2018年第2四半期(4月〜6月)音楽配信売上実績」を公表した。これによると、2018年第2四半期の音楽配信売上は160億4000万円(対前年比114%)と2桁伸長している。なお、2018年上半期の音楽配信売上は321億1000万円となった。

「ストリーミング」が堅調に成長し、シェアで過半数超え

 特筆すべきは定額制の聴き放題型サービス(サブスクリプションサービス)を含む「ストリーミング」市場の成長だ。「ダウンロード」が62億円5200万円で対前年比93%と減少したのに対し、「ストリーミング」は売上高で「ダウンロード」を上回る88億3800万円を記録。対前年比では137%と大幅増となった。

 2018年第2四半期音楽配信全体での構成比で見ても、「ダウンロード」の39%に対して、「サブスクリプション」は55%となり、過半数を占めるカタチとなった。

 なお、2018年1月から6月の売上実績では「ダウンロード」が対前年比96%の133億4100万円、「ストリーミング」は対前年比133%、167億5900万円。音楽配信売上全体では321億100万円、対前年比113%と2桁成長となっている。

 世界規模でもサブスクリプションサービス市場が急成長を続け、その結果、ここ5年、世界の音楽市場は右肩上がりで成長を続けている。そうした中、「世界全体の成長をやや鈍化させているのは世界でトップの音楽市場規模を持つ日本のサブスクリプション市場が、いまだ世界の趨勢に追い付いていないからだ」ということも、世界レコード産業連盟(IFPI)のレポートでは指摘されている。

 しかし、上記した売上実績を見ても、いよいよ今年に入り、成長スピードは着実に上がってきている。実際、Apple MusicやLINE MUSIC、Spotifyなど、各社サービスはテレビCMなども積極的に行っており、認知も急速に広がっている。

 世界的にもサブスクリプションサービスの成長は、アナログレコードなどパッケージ市場の再活性化にも繋がり、さらにはライブエンタテインメントなどへ、その好況が波及効果をもたらしている。“新たな市場が、旧来の市場を破壊する”といったことでは決してなく、根強くパッケージ市場が残る日本においても、サブスクリプションサービス市場の成長が、CDやアナログレコード、ライブやファンクラブ、グッズビジネスまで、他分野へも波及し、市場全体のさらなる成長に繋がっていくことが期待される。少なくともその兆しは確実に見え始めている。

提供元: コンフィデンス

タグ

【最新号】コンフィデンス 2018年9月24日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月24日号

<COVER STORY>
ジヒ・ナム氏(Instagram アジア太平洋地域パートナーシップス部門統括)
自分らしい自由な表現で
Instagram上のファンとの深いエンゲージメントを築く

<SPECIAL ISSUE>
バーチャル音楽番組を編集部が企画
“演歌・歌謡”を定義から再考 未来への提言

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!