アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 大阪を訪日観光客の拠点へ 「COOL JAPAN PARK OSAKA」外国人向けエンタテインメント発信

大阪を訪日観光客の拠点へ 「COOL JAPAN PARK OSAKA」外国人向けエンタテインメント発信

左から「COOL JAPAN PARK OSAKA」会見に出席したオープニング公演『KIEREN』の脚本・演出を手がける?平哲郎氏、大阪城パークマネジメント 代表取締役 木下健治氏、吉村洋文大阪市長、クールジャパンパーク準備 代表取締役社長 戸田義人氏、クールジャパン機構 代表取締役社長 CEO 北川直樹氏

左から「COOL JAPAN PARK OSAKA」会見に出席したオープニング公演『KIEREN』の脚本・演出を手がける?平哲郎氏、大阪城パークマネジメント 代表取締役 木下健治氏、吉村洋文大阪市長、クールジャパンパーク準備 代表取締役社長 戸田義人氏、クールジャパン機構 代表取締役社長 CEO 北川直樹氏

 吉本興業など民間13社とクールジャパン機構が組成するクールジャパンパーク準備株式会社は7月5日、大阪城公園内に建設中の劇場型文化集客施設「COOL JAPAN PARK OSAKA」の詳細発表会見を開催。施設に設ける3つのホールの名称、訪日観光客向けを意識した来年2月のオリジナルのオープニング公演『KEREN』概要を発表した。

いまは国内だけでなく世界中の都市と都市の戦い

 大阪城公園では、2015年4月からパークマネジメント事業(PMO事業)による大阪の魅力創出への取り組みを行っており、昨年度はJO-TERRACE OSAKAやMIRAIZA OSAKA-JOなど新たな利便施設も誕生している。その取り組みのひとつとなるのが今回のCOOL JAPAN PARK OSAKA。エンタテインメントの発信から、国内およびアジア各国・地域をはじめ、世界中から大阪を訪れる観光客を魅了する体験を提供することを目的にする。

 会見に出席した大阪市長の吉村洋文氏は「大阪は歴史と文化を大事にしながら、新しいことに挑戦する街でなくてはいけない。この10年ほどで、訪日客は5倍以上に膨らみ、年間1100万人以上。税収も伸びています。観光客に向けては、国内だけでなく、世界中の都市と都市の戦いになっているいま、大阪をより個性のある街にしていきたい。そのためのひとつが、大阪の持つエンタテインメントの発信です。いま大阪に足りないものはナイト・エンタテインメント、大阪城公園に足りないものは滞在性。(COOL JAPAN PARK OSAKAなどで)イノベーションに取り組んでいけば、大きな価値が生まれます。民間のみなさんと一緒に盛り上げていきたい」と力強くコメントした。

 大阪城パークマネジメントの代表取締役、木下健治氏は「この3年間、インバウンドの好調に支えられて順調に運営してきました。そのなかでも一番大きな整備が、今回のCOOL JAPAN PARK OSAKA。世界に向けたエンタテインメントという意味でのネーミングです。文化の発信拠点として大阪城公園全体の盛り上げも図っていきたい」。テレビ局などメディアのほか、旅行会社や広告代理店も参加するクールジャパンパーク準備の代表取締役社長、戸田義人氏は「インバウンド向けに長けた会社もおり、13社とクールジャパン機構の総力を結集して、日本の魅力を訪日観光客にも楽しんでいただけるような、世界に類を見ない施設にしていきたい」と意気込み、インバウンドへの意識をにじませた。

イメージも含めたインバウンド向けの場作り

明石家さんまが命名した「WWホール」「TTホール」「SSホール」のロゴ

明石家さんまが命名した「WWホール」「TTホール」「SSホール」のロゴ

 この日の会見では、同施設内に設けられる3つのホールの名称が、1144席の大ホールが「WWホール」、706席の中ホールが「TTホール」、300席の小ホールが「SSホール」と発表された。命名者の明石家さんまは「“WW”は『笑って笑って』とか『わくわく』という意味で付けましたが、“TT”“SS”も含めて、みなさんで自由に大喜利的に大阪人らしい遊び方をしてもらったらいいと想います」とビデオメッセージを寄せた。

 そして、メインホールの「WWホール」でのこけら落とし公演が、脚本・演出を高原哲郎氏が手がけるオリジナルのノンバーバルショー『KEREN』となることも発表。日本伝統のアナログ舞台装置と世界最先端マルチメディアで装飾する、言葉もストーリーもないパフォーマンスステージになる。

 高原氏は「大きなコンセプトは、クールジャパン=おかしい、不思議な、カッコいいジャパン。タイトルは江戸中期の言葉で、奇想天外、正当でない、邪道などの意味を持ち、『ケレン味』などで使われる『KEREN』です。公演の中身は説明のしようもない。まず、楽しくおもしろく。伝統芸能を見せるつもりはありません。ありのままの日本をおもしろおかしく伝えたい」と外国人向けの演目となることを明かした。

 今回のCOOL JAPAN PARK OSAKAを含む、大阪城公園における訪日観光客向けの取り組みは、保守的にならずに古き良き日本の歴史的な文化施設を開放する、大阪の積極的なインバウンド誘致の姿勢が表れている。官民をあげてのさまざまな動きが他都市に比べて大阪で目立っているのは、実際に街では訪日観光客による売上が大きくなっていることで、“商売人の街”が迎え入れに積極的になっていることがあるだろう。

 戸田氏は「大阪は東京に比べて、今回の規模のホールが少なく、外国人向けのステージも少ない。イメージも含めて、インバウンド向けの場作りをしっかりと行っていきたい」とし、大阪を日本のインバウンド拠点にすることを掲げる。

 COOL JAPAN PARK OSAKAの初年度の年間来場者目標は50万人とする。

「COOL JAPAN PARK OSAKA」会見に出席した吉村洋文大阪市長(前列中央)とクールジャパンパーク準備に参加する企業・団体関係者ら

「COOL JAPAN PARK OSAKA」会見に出席した吉村洋文大阪市長(前列中央)とクールジャパンパーク準備に参加する企業・団体関係者ら

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年11月19日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年11月19日号

<COVER STORY>
アレキサンダー・デニュー氏(MIDEM CEO)
「世界の音楽市場が回復し始め、
新しい音楽経済圏が生まれている」

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート10月度
年末商戦間近、好調分野&ジャンルを探る

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!