アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 『銀魂2』1位スタートも苦戦か 前作との決定的な違い

『銀魂2』1位スタートも苦戦か 前作との決定的な違い

 夏休み映画、後半の目玉となる『銀魂2 掟は破るためにこそある』が公開され、初週土日2日間の成績が動員38.5万人、興収5億2800万円(8月17日金曜初日からの3日間累計では動員60万人、興収8億円)。全国映画動員ランキング1位のスタートを切った。

主な夏休み映画の初週2日間興収は4位

 これまでに公開されている主な夏休み映画の初週2日間の興収と比較すると、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(12億1700万円)、『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(10億9600万円)、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(6億3900万円)に次ぐ4作目の興収となる。

 昨年の年間邦画実写興収1位となった前作『銀魂』(最終興収38億4000万円/初週2日間の動員39.3万人、興収5億4100万円)との比較では、動員と興収ともに98%。ほぼ前作なみの大ヒットスタートではあるのだが、状況が異なるのは、前作は7月中旬の公開であり、1ヶ月半の夏休み期間を丸々動員が見込めたこと。それに対して今作は、8月中旬の公開となり、夏休み期間が残りわずか2週間と短いことが前作と異なる。若年層のファンがメインになることを考慮すると、この先の前作ほどの動員の伸びが期待できないかもしれない。

 別の見方をすると、お盆という社会人も休みの期間に初日を迎え、原作人気や豪華主役級キャスト、前作の評価など作品の大きさからすると、今作にかけられていた期待値には届かない厳しいスタートとも言える。ただしこれは、作品の人気が落ちているわけではなく、今作のファン層の広がりが前作なみだったということだろう。前作のヒットからのさらなる広がりも期待されていたが、ファン層が限られる作品の特殊性が一般層への拡大を限定的なものにした。現時点で見ると、最終の興収は30億円前後と予測する関係者もいる。

作品力からのサブカル層への広がりを期待

 しかし、公開から3日間での興収8億円は大ヒットには間違いない。今作の公開前の宣伝を見ると、原作ファンに訴求する原作者・空知英秋氏からのなぜかモザイクが入って一部が読めないメッセージや、カルチャー誌との大々的な仕掛け、LINEやツイッターにおけるキャンペーン展開など、映画宣伝の王道ではあるが、原作、映画、キャストのファンそれぞれに刺さりそうな銀魂ならではの楽しさが伝わるプロモーションがシーンをにぎわせていた。

 さらに、公開日前後のキャスト陣による主要都市でのイベントでも、それぞれの人柄やチームワークの良さがおもしろおかしく伝わり、作品への期待値が高まるとともに大いに作品が盛り上がっている様子が感じられ、そうした勢いを伝えることには成功している。

 その内容について、映画ライターからは「お笑い一辺倒だった前作と異なり、コミカルだけでなく、シリアスもしっかり入ったうえ、攻めたパロディも効いていてバランスがよい」と良い評価の声もある。盛りだくさんの内容でボリューム満点なところは、原作ファンの満足度が高くなっているようだ。この先の口コミなどによる動員の伸びは、その作品力に尽きる。マスではなくサブカル好きの潜在的なファン層など、ライトなファンへの訴求からの動員に期待したい。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』

 時は幕末…地球人と宇宙人・天人(あまんと)が共に暮らす江戸、かぶき町。仕事がなく金欠で家賃も払えない《万事屋(よろずや)》の銀時、新八、神楽はある日、キャバクラ<すまいる>の店長から“幕府のお偉いさん”の接待を依頼される。しかしその“お偉いさん”とは時の征夷大将軍・徳川茂茂だった!

出演:小栗旬 / 菅田将暉 橋本環奈 / 柳楽優弥 三浦春馬
脚本/監督:福田雄一
全国公開中 【公式サイト】(外部サイト)
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年11月19日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年11月19日号

<COVER STORY>
アレキサンダー・デニュー氏(MIDEM CEO)
「世界の音楽市場が回復し始め、
新しい音楽経済圏が生まれている」

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート10月度
年末商戦間近、好調分野&ジャンルを探る

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!