• ホーム
  • 芸能
  • 『監獄のお姫さま』Pが語る、TBS「火10」枠強さの秘訣

『監獄のお姫さま』Pが語る、TBS「火10」枠強さの秘訣

火曜ドラマ『監獄のお姫さま』第6話より

『監獄のお姫さま』第6話より (C)TBS

 宮藤官九郎が脚本を手がけるTBS系火曜ドラマ『監獄のお姫さま』は、罪を犯した5人の女と罪を憎む1人の刑務官が、ある男への復讐を目論む“おばさん犯罪エンタテインメント”。同作の挑戦と、『逃げるは恥だが役に立つ』(16年10月期)や『カルテット』(17年1月期)など、注目を集め続ける同局「火曜ドラマ」枠の魅力について、宮崎真佐子プロデューサーに聞いた。

宮藤官九郎のユニークな発想に、女性目線のアイデアをプラス

 『監獄のお姫さま』の企画が立ち上がったのは3年前。同局系ドラマ『ごめんね青春!』が終わった後、「次回作は『大好きな女優さんたちが集まって、わちゃわちゃ会話劇を繰り広げる話はどうでしょう』と宮藤さんから提案があり、今まで宮藤さんのドラマを手がけてきた磯山(晶)プロデューサーや金子(文紀)監督と話したことから始まりました」と、プロデューサーの宮?氏。そこから「舞台を女子刑務所という特殊な設定にすれば面白い」、「復讐劇にすれば話が転がっていくのではないか」などと、入念な打ち合わせが行われていったという。

 「物語の構成は複雑で、1話で現在の状況が描かれ、2話からそこに到るまでの6年前の物語が描かれます。そのため宮藤さんは脚本を2話から書き始めました。その際に最も心を砕いたのは伏線の整合性。最近は、視聴者の皆さんがすごくよく観てくれていて、ちょっとした台詞の機微や小道具の変化などから勝手に詮索していき(笑)、“あれにはこんな意味があるのでは?”などと盛り上がってくれることがよくあります。本作にも数多くの伏線が散りばめられていますから、そこに矛盾が生まれないよう、細かいところまでつじつま合わせをしていきました」

『監獄のお姫さま』第6話より (C)TBS

『監獄のお姫さま』第6話より (C)TBS

 このほか、「爆笑ヨーグルト姫」といった登場人物のユニークな愛称から「懺悔体操」、「ごはんの歌」などの小ネタまで用意していた宮藤氏の構想を、どこまで実現できるのか、どうやったらさらに面白くなるかを考えていった。さらには作品にリアリティを付加するため、ヒロインたちのリアルな気持ちについても入念に打ち合わせをした。

 「主人公の馬場カヨ(小泉今日子)は夫を刺した罪で服役しますが、刺すという行為は相当な状況。どうすればそこまで心が弾けられるのかを考え“浮気をした夫がそれを悪びれず、『そっちも浮気をすればいいじゃん』と言われたら刺しますね”と提案しました。結果、カヨが夫を刺してしまう印象的な回想シーンが出来ました」

『監獄のお姫さま』第6話より (C)TBS

『監獄のお姫さま』第6話より (C)TBS

 こうしたこだわりは、ドラマの視聴者は女性が多いというデータにも由来する。本作でも「このセリフや行動は、女性の気持ちからかけ離れている」といった男女間の誤解を極力減らしたいと徹底した。昨今の女性クリエイターの躍進についても、「女性が違和感なく没頭できるドラマが増える可能性があり、すごく良いことではないか」と語る。

 主題歌に安室奈美恵を起用したのもこの流れだ。女性が主人公であること、そして演じる役者が演技派でベテランであることから、男性ではなく女性シンガー、新人ではなく、ベテラン。そして本作の狙いである30〜40代の層に強くアピールできるということで安室が選ばれた。

 「タイトルの『Showtime』は、復讐劇を“Showtime”に見立てたいと安室さん側から提案をいただきました。歌詞も作品に沿って作っていただいています。本作は実は、内容的には重い。ですから、明るいテンポの曲にしたいとお願いしました」

皆が「何か新しいドラマを作りたい」と考え作っている枠

 そんな同作が放送される「火曜ドラマ」枠は、「逃げ恥」のヒットなど、現在最も注目されているドラマ枠の1つ。

 「同枠は、皆が“何か新しいドラマを作りたい”と考え作っている枠だと思います。でもそれは実はとても難しいことです。ただ面白いからといって新たな表現に逃げてはいけないなと。例えば、本作でも2話のカヨの回想シーンは、カヨの過去シーンのカヨのセリフと夫のセリフ、そして現在のカヨのセリフと、誘拐された板橋吾郎(伊勢谷友介)のセリフが、時間軸を超えてカットバックしながらも物語が成立する複雑な構成になっています。

『監獄のお姫さま』第6話より (C)TBS

『監獄のお姫さま』第6話より (C)TBS

 ドラマは人間関係や気持ちの流れを見せるもの。今後もパッと見で新しいことをするのではなく、物語やそのシーンの必然性を考えながら、登場人物の気持ちに沿ったなかで新しいことを探していきたいです」

 弊誌が毎週、放送後に調査するドラマ視聴者満足度「オリコンドラマバリュー」では(100Pt満点)、初回こそ56Ptからのスタートだったが、第2話 68Pt→第3話 57Pt→第4話 83Ptというように、ジワジワと満足度を上げている。後半戦の展開も大いに期待したい。

文/衣輪晋一
◆Profile/宮崎真佐子(みやざき まさこ)
 1985年生まれ。2008年にTBSに入社。制作局では1年間バラエティ制作に携わった後、2年目から現ドラマ制作部所属となる。昨年、社会現象を巻き起こした『逃げるは恥だか役に立つ』で初プロデュース。今年は『レンタルの恋』(1月期)、そして現在は『監獄のお姫さま』を手がける。
(『コンフィデンス』 17年11月20日号掲載)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2017年10月30日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年10月30日号

<COVER STORY>
松本隆氏(作詞家/音楽プロデューサー)
「良いものさえ作れば、媒体は何であっても残っていく」

<SPECIAL ISSUE>
17年7月期の“質の高いドラマ”を表彰
第9回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!