• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 趣味
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】

DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】

装飾系SUV

プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?

目指したのは“小さな高級車”

このDS 3クロスバックの最上級グレード「グランシック」は、本体価格にして404万円。といっても、実際に404万円で買えるのは、受注輸入あつかいのソリッドホワイトの車体色(正式名は「ブランバンキーズ」)のみ。これ以外のメタリックやパールなどの“らしい”車体色はすべて5万9400円〜7万0200円のオプションなので、このクルマの実勢本体価格(?)は410万円前後。車体色以外のメーカーオプションはとくに用意されないが、今回の試乗車のようにセンター液晶パネルで使える日本製ナビを販売店オプションで装着すると、合計価格は430万円台に達する。

車体サイズでいうと、DS 3クロスバックは現在日本で買えるクロスオーバーSUVでも最小級の一台である。全長は現行の「日産ジューク」や「ルノー・キャプチャー」より短く、立駐対応となる全高はこれらより低い。軽自動車以外でこのクルマより明確に小さいSUVは、現行機種では「ジムニーシエラ」「イグニス」「クロスビー」のスズキ車だけだ。

DS 3クロスバックはそんなBセグメント(のなかでも小さいほうの)サイズに、400万円超という強気のプライスタグを掲げる。これが普通のハッチバックではなく、大径タイヤのクロスオーバーであることは高価格の理由のひとつにはなろうが、かといって、本格的なオフロード車でもなければ、クラス最速をうたう高性能スポーツモデルでもない。

そんなDS 3クロスバックの目指すところをあえて短い言葉で表現するなら、いわゆる“小さな高級車”である。小さな高級車といえば、これまでも数多くのメーカーが挑戦してきた歴史があるが、成功例は意外なほど少ない。

サイズや価格設定でDS 3クロスバックに競合するクルマは「アウディQ2」と「MINI」(のハッチバックモデル)くらいといっていい。そのなかでも、現在のMINIは歴史的にもまれに見る、小さな高級車の大成功例である。...

提供元:webCG

オリコントピックス