• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 社会
  • 試験前は徹夜で勉強させたほうがいいでしょうか?

試験前は徹夜で勉強させたほうがいいでしょうか?

これから大きく変化していくこの世の中において、従来の仕事はAI(人工知能)やロボットに代替されていく可能性があります。世界は今まさにイギリスで起きた産業革命、そしてインターネット革命以来の産業構造の大きな変革が起きようとしています。
そんな中、子どもたちが素晴らしい未来を切り開いていくためにはどうすればよいのか? 大人になってからの必須の力として世界的に注目されている「創造力」や「コミュニケーション力」、「セルフコントロール力」などの非認知スキルを、子どものころから磨くためにはどうしたらいいのでしょうか?
ダイヤモンド社から『脳科学的に正しい 一流の子育てQ&A』を上梓した脳科学者の西剛志さんが、最先端の研究から分かってきた驚くべき事実を紹介していきます。

徹夜の学習は逆効果に
なる可能性があります

西 剛志(にし・たけゆき)脳科学者(工学博士)、分子生物学者。T&Rセルフイメージデザイン代表。LCA教育研究所顧問1975年、宮崎県高千穂生まれ。東京工業大学大学院生命情報専攻修了。2002年に博士号を取得後、(一財)知的財産研究所に入所。2003年に特許庁に入庁。大学院非常勤講師を兼任しながら、遺伝子や脳内物質など最先端の仕事を手掛ける。その後、自身の夢を叶えてきたプロセスが心理学と脳科学の原理に基づくことに気づき、2008年に世界的にうまくいく人達の脳科学的なノウハウを企業や個人向けに提供する会社を設立。現在は脳科学を生かした子育ての研究も行い、大人から子どもまで、才能を伸ばす個人向けサービスから、幼稚園・保育所の先生/保育士/保護者向けの講演会、分析サービスなどで7000名以上をサポート。横浜を拠点として、全国に活動を広げている。

近年は小学校から中学・高校まで、夜遅くまで勉強する子どもが多くなってきているようです。私が学生だったときも、試験前になると徹夜で勉強している友人達をよく見かけたものでした。しかし、最新の研究から『徹夜して勉強するよりも、睡眠をとったほうが試験の成績がよくなる』という驚きの事実が分かってきています。

この研究はドイツのリュベック大学の研究者が発見した現象で、世界の一流雑誌「Nature」でも紹介されて話題になりました。具体的には、被験者の人達に集まってもらい、最初に超難問と言われる難しい問題を見せて、8時間後に答えてもらうというものでした。
そして2つのグループに分けたところ、次のような結果になったのです。

8時間徹夜で勉強してから解いたグループ → 正解率:20%
8時間寝てから解いたグループ → 正解率:60%

つまり、徹夜して勉強するよりも、8時間ゆっくり睡眠をとったグループのほうが、なんと3倍も正答率が高まるという衝撃的な結果でした。ちなみに、朝から夕方まで8時間勉強したグループの正答率は20%(徹夜グループと同じ)だったそうです。正答率20%というのは、かなり難しい問題と思われますが、睡眠を十分にとると難問でもどうやら直感が冴えて『ひらめき』が生まれやすくなるようです。

参考記事

知能指数の高い子に育てないと
社会で成功できないでしょうか?...

提供元:ダイヤモンド・オンライン

オリコントピックス