ドラマ&映画 カテゴリ
(更新: ORICON NEWS

映画『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 』最新情報まとめ

 2021年に劇場公開され、同年の劇場用実写映画No.1ヒット作となった映画『東京リベンジャーズ』。その続編が前後編の2部作として2023年に公開決定。前編『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』は4月21日後編『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』は6月30日にそれぞれ公開となる。

 本記事では、実写映画『東京リベンジャーズ』に関する情報をまとめて紹介。

※2023年2月17日時点での情報です。

映画『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-/-決戦-』 (C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

映画『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-/-決戦-』(C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会


映画『東京リベンジャーズ』続編製作決定


 2022年7月30日、フジテレビ系土曜プレミアム枠にて映画『東京リベンジャーズ』(2021年)が本編ノーカットで地上波初放送され、本編の放送終了後に続編製作、2023年公開が発表された。

花垣武道役:北村匠海コメント
 前作のオールアップの日に、『武道がまだまだ殴られ足りないみたいなので2もよろしくお願いします』と話していたのがやっと現実的になりました。武道をまたやれる、みんなとまた会える、また“名前を呼んでもらえる”。そんなことだけでもうれしかったり。楽しみにしていてください。

原作:和久井健コメント
 映画『東京リベンジャーズ』が公開されてまだ1年…こんなにも早く続編の発表になり、本当に自分も興奮してます! 脚本を読んでいるだけで、また北村さんのタケミチや吉沢さんのマイキー、山田さんのドラケンが映画館のスクリーンで観られるかと思ってドキドキが止まりませんでした! しかも今回は新キャストも参戦し、原作でも描いていて特に思い出深いシリーズの実写化…読者の皆さんと一緒にこの興奮を共有できてすごくうれしいです。

監督:英勉コメント
 ドデカい新たなミッションに、身の引き締まる思いです。この高い山を、武道たちと何度だって諦めず駆け登っていこうと思っています。皆さんよろしくお願いします。

プロデューサー:岡田翔太
 北村匠海さんが「まだ、殴られ足りないんで。」と言ってくれた、前作の撮影最終日。「必ずまた会おうね。」と約束した日がようやくやってきました。日本の夏をアツく盛り上げた男たちが更にスケールアップしてまたスクリーンに帰ってきます! やっとこの発表ができたこと、また皆と作れることをとにかくうれしく思っています。“あの人”の言葉を借りるなら、「一人一人がみんなの為に命を張れる。」そんなチームで完成まで走り抜けます!! 必ず、皆様の期待を超える作品をお届けします! 楽しみに続報をお待ちください。

続編は前後編2部作、「血のハロウィン編」を実写化


 原作の4〜8巻で描かれている「血のハロウィン編」は原作、アニメ(2021年)でも大人気の胸アツエピソード。タケミチ、マイキー、ドラケンら主要キャラクターに加え、圧倒的な人気を誇る場地圭介、羽宮一虎、松野千冬といった新キャラクターも登場し、それぞれの信念をもった男たちのアツい生き様が描かれている本エピソードは特に人気が高く、まさに伝説とも言える物語となっている。

北村匠海、山田裕貴、吉沢亮ら続投

タケミチ:北村匠海(C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

タケミチ:北村匠海(C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

タケミチ:北村匠海
 東京リベンジャーズ の主人公・花垣武道(ハナガキ・タケミチ)。タケミチの目の前で、爆発とともに凶悪化した東京卍會によって愛するヒナタ(今田美桜)が再び殺される。ヒナタの死に絶望しながらも、今度こそ「ぜってぇ助けるか」といい新たにリベンジを決意。そしてヒナタを救うため、現代のドラケン(山田裕貴)に会いに行く。

ドラケン:山田裕貴
 東京卍會副総長・龍宮寺堅(リュウグウジ・ケン)、通称ドラケン。マイキーをサポートし、心の支えにもなる強い存在。喧嘩も強く、筋の通った性格。“龍のタトゥー”がトレードマーク。現代のドラケンは変わり果てて「初めてあの日、東卍は負けた―」というのだが…。

マイキー:吉沢亮
 巨大組織トーマンこと“東京卍會”を束ねる総長・佐野万次郎(サノ・マンジロウ)。過去のマイキーは、圧倒的な喧嘩の強さはもちろん、明るく、仲間を大切にする熱さ、カリスマ性を併せ持つ。ヒナタの死には現代のトーマンが関わっている事から、タケミチはマイキーに挑むはずが...マイキーの魅力に徐々に魅かれていった。

ヒナタ:今田美桜
 主人公タケミチの彼女・橘日向(タチバナ・ヒナタ)。現在の世界で東京卍會によって再び命を落とす。天真爛漫で明るくタケミチを支える存在。ヘタレだったタケミチはヒナタの存在で大きく成長していく。勢い余ってマイキー(吉沢亮)に対してもビンタを張るほど。

ナオト:杉野遥亮
 ヒナタの弟、橘ナオト。現代では刑事。タケミチを過去に送り込む。

アッくん:磯村勇斗
 タケミチの親友・千堂敦(センドウ・アツシ)。過去にはタケミチとともにヘナチョコ不良だった。

キサキ:間宮祥太朗
 現代では東京卍曾幹部・稀咲鉄太(キサキ・テッタ)。裏で暗躍。謎の存在。

 その他、前作『東京リベンジャーズ』から、ミツヤ:眞栄田郷敦、ハンマ:清水尋也らが続投。パワーアップした姿で再びカムバックする。

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-/-決戦-』 新キャスト

(C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

(C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

〈血のハロウィン編〉の最重要人物であり、運命に翻ろうされる3人のキャストが発表された。“東京卍會”(トーマン)創設メンバーの1人であり、壱番隊隊長の場地圭介を演じるのは永山絢斗。

 東京卍會と敵対する“芭流覇羅”(バルハラ)のNo.3であり、東京卍會創設メンバーの1人でもある羽宮一虎を村上虹郎。

 東京卍會壱番隊副隊長で、場地圭介の腹心・松野千冬を高杉真宙。最強リベンジャーズに新たに加わるこの3人が、タケミチたちと一体どんなドラマを魅せてくれるのか。前作を遥かに超える、男たちの熱い物語に期待がかかる。

場地圭介役の永山絢斗コメント
 「ば、場地圭介をおれが、演るのか…。」と原作を読んで驚愕したのを覚えています。多くの方に愛されている作品に撮影前、腰も引けましたが、ヘアメイク&衣装チームにも説得力を作ってもらい結果、思いっきり青春させてもらいました(あなた30過ぎてますよ)。

 スタッフキャスト含め、初めてご一緒した方ばかりでしたが発想力やアプローチに感化されたことで、自分も最後まで強い気持ちで演じきることが出来たと思っています。未読の方でも楽しめる、素晴らしい二本立ての作品になってること間違いなしです。皆様、血のハロウィン!楽しみにしていてくださいませ。よろしくお願い致します。

羽宮一虎役:村上虹郎コメント
 お話をいただいた時には、色々な気持ちがよぎりました。自分なりにですが、必死に取り組んだ一虎です。是非大きなスクリーンで観ていただけると、感無量です。

松野千冬役:高杉真宙コメント
 この度、映画『東京リベンジャーズ2』にて松野千冬役を演じさせて頂くことになりました。前作の勢いと熱さが忘れられず、新入生として登場させて頂くことになった今作ですが、キャストの皆さん、スタッフの皆さんの熱は変わらず…、作品に参加することが出来て嬉しく思います。映画の中で千冬として奮闘できました。是非楽しみに待っていて下さい。

原作者:和久井健コメント
 永山さんの演じる男前な場地!村上さんの危うくて色気のある一虎!高杉さんの正統派イケメンなのにバカっぽさがちゃんとにじみでてる千冬!やっぱ役者ってすげー!元々豪華なキャスティングなのに血のハロウィンにむけてさらに熱がぶち上がってます!原作ファンの皆さんにも東リベ知らない方々にも絶対楽しんでもらえる!そういう熱を映画陣からヒシヒシと感じました!自分も早くスクリーンで観て泣いて笑って感動したい!!

監督:英勉コメント
 皆さん、半端ないプレッシャーだったと思います。そんな中、いっぱい悩んで、ガッツリ話して、ガンガンに動いて、見事にやり切って貰えました。感謝です。すごい事になってます。生きる場地、一虎、千冬です。「前作から出てましたよね?」

プロデューサー:岡田翔太コメント
 SNSで「新キャスト発表まだ!?」というコメントを見る度、「こっちも早く言いたいのに!」と撮影中ウズウズしていたのですが…やっと!皆様にお知らせすることが出来ました。東京リベンジャーズ史上”最もアツい撮影”を乗り切った新しい仲間たちを紹介させて下さい。場地、一虎、千冬、間違いなく『血のハロウィン編』の中核となる役柄を演じること、そして東リベの続編に新しく参戦すること、相当な覚悟を持って演じて頂きました。全員ドキドキで迎えた撮影初日、三人を撮り始めた瞬間に緊張や不安が全て吹き飛んだのを覚えています。正直に申し上げますが、自信あります。毎日「最高!」と泣きながらただ今絶賛製作中!出来立てホヤホヤを皆様にお届けします。とにかく楽しみにしてて下さい。

本編映像

 「壱番隊隊長場地圭介は本日を持ってトーマンの敵だ」と総長であるマイキー(吉沢亮)に鋭い眼光で言い放つ場地(永山絢斗)。創設メンバーでありながら、マイキーからも厚い信頼を得る場地は、一虎(村上虹郎)と起こした“ある事件”により運命が変わってしまう。場地はなぜ東京卍會と対立することになったのか!? そこには深い因縁と思惑が渦巻いていた…。

  「俺はマイキーを殺して、俺たちはトーマンを潰す」とマイキーへの並々ならぬ恨み、そして東京卍會への敵対心を覗かせる一虎。場地と同じく、東京卍會創設メンバーの1人である一虎は、場地と起こした”ある事件”をきっかけに少年院に収監されていたが、出所後東京卍會崩壊を狙うことに。場地、そして一虎の“運命”を狂わせた“ある事件”とは一体なんなのか?

 「壱番隊副隊長松野千冬だ。俺はお前の力になる」、そう柔らかい笑顔でタケミチ(北村匠海)に呼びかける千冬(高杉真宙)は、その優しい見た目に反し喧嘩っ早く、高校入学早々周囲の不良を圧倒するが、大勢にボコられそうになっていたところを場地に救われる。以降、場地に憧れ、東京卍會に入隊し、壱番隊副隊長となり、新たな相棒・タケミチとともに、”芭流覇羅”に寝返った場地を奪還しようとする。

ムビチケ販売スケジュール

ムビチケカード 前編「-運命-」キャラクタービジュアル(C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

ムビチケカード 前編「-運命-」キャラクタービジュアル(C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

2月3日(金):前編「-運命-」第1弾〈タケミチ/場地/千冬〉、2部作セット券発売
3月17日(金):前編「-運命-」第2弾〈ナオト/ヒナタ/アッくん〉

※全国の上映劇場にて販売予定。 (一部劇場を除く)
※特別ホルダー付き2部作セット券は、劇場のみでの販売(税込3000円)
※ムビチケ前売券(オンライン)は、2月3日(金)〜販売予定。

※「2部作セット券」について
・前編「-運命-」公開前日(4月20日)までの販売。
・1人2セットまでの購入制限あり。
・特別ホルダー(右に添付のビジュアル)にムビチケカードを差し込んだ状態での販売。

※前編「-運命-」各キャラビジュアルムビチケカードについて
・好きな絵柄を選ぶことができる。
(※各劇場、枚数に限りがあり、売り切れの際はご容赦ください)
・同じ絵柄のムビチケカードは1人2枚までの購入制限あり。
・前編「-運命-」の各キャラビジュアルムビチケカードは、公開前日(4月20日)までの販売となる。

ムビチケカードセット券劇場限定特別フォルダービジュアル(C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

ムビチケカードセット券劇場限定特別フォルダービジュアル(C)和久井健/講談社(C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

ストーリー

 凶悪化した東京卍會によってタケミチの目の前で再び、ヒナタが殺された。
 ヒナタを救う鍵は、一人一人が仲間のために命を張れる、東卍結成メンバー6人(マイキー、ドラケン、場地、三ツ谷、パーちん、一虎)を引き裂く“悲しい事件”にあった。
 東卍の敵側幹部になった一虎と、敵に寝返った場地。かつての親友たちは何故戦わねばならない運命になったのか。
 「君が助かる未来にたどり着くまで、絶っ対ぇ折れねぇから!」
 果たして、タケミチは過去に戻り、ヒナタを、仲間の未来を救えるのか。
出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗/永山絢斗 村上虹郎 高杉真宙/間宮祥太朗/吉沢亮
原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社「週刊少年マガジン」KC)
監督:英勉
脚本:高橋泉(※高=はしごだか)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)和久井健/講談社 (C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会
公式サイト:tokyo-revengers.jp

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索