• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

北村匠海、“俳優と音楽”はお互い還元し合ってる「DISH//がなかったら俳優辞めてた」

 昨年のヒット映画『東京リベンジャーズ』では主演を務め、菅田将暉主演ドラマ『ミステリと言う勿れ』では物語の鍵を握る“ジュート”役としてのサプライズ出演が話題を呼ぶなど、俳優としての存在感が年々増している北村匠海。メインボーカルを務めるロックバンド・DISH//としても、「猫」のヒット以降さらに勢いを増し、昨年初の紅白出場を果たした。当初は周囲から「俳優とバンド、どっちで売れたいの?」と聞かれることも多かったというが、昨年俳優デビュー15周年、バンド結成10周年を迎えた北村が行きついた答えを語った。

青春なかった学生時代、早く大人になりたかったのに――「社会にがっかりした20歳」

 北村の芸能界入りは、8歳の時のスカウトがきっかけだった。子役時代はオーディションを受け続け、その数は100回以上に及んだ。映画『重力ピエロ』では岡田将生の少年時代、『陽だまりの彼女』では松本潤の中学生時代を演じ、『信長協奏曲』では小栗旬と共演している。幼い頃から錚々たる俳優陣と肩を並べ、1人の役者としての振る舞いが求められた。

「早めに大人になりすぎたところがあって、学校でも青春があんまりなかったですね(笑)。中学か高校の時には、芸能界を辞めようと思ってた時期がありました。芸大か美大に行きたくて。でも、進学のタイミングでDISH//が少しずつ注目され始めて、ドラマ『仰げば尊し』のお話を頂いて、その撮影途中で『君の膵臓をたべたい』のオーディションが入って…、そんなこんなで15年続けてる自分にびっくりですね(笑)。人生何が起こるかわかんないなーって」
 俳優業と音楽業を両立しながらの学校生活は、北村にとって楽しいものではなかった。早くここから抜け出したい、社会に出たら違う世界が待っているはず――。ずっと“大人”になることを待ち望んでいたが、実際に20歳を迎えると愕然としたという。

「そもそも大人ってなんだろう、社会人ってなんだろうと、今でもすごく考えます。自分は何のために仕事をしているのか、映画を作るってどういうことなんだろうと。でも、映画って社会奉仕の仕事だと思ってるんです。そう考えると、僕も社会人なんだなと思います」

バンドの空気悪くしていた時期も…「DISH//が“北村匠海”の話題性で売れるのは嫌だった」

 ドラマ『鈴木先生』、『仰げば尊し』、映画『君の膵臓をたべたい』などの出演で、俳優としての注目が高まってくると、バンド活動との両立を不安視する声が後を絶たなかった。

「18歳の頃、“俳優と音楽、どっちで売れたいの?”と色んな方面から言われることがありました。でも僕は両方100:100でやってて、“俳優をやってる傍で音楽をやってる北村匠海”じゃなくて、“両方やってる北村匠海”という見え方がしたくて。役者のイメージが先行していた中で、より一層、DISH//は実力で頂点を目指していくしかないという思いが強かったです」

 とはいえ、役を通して“他人”を表現する俳優業と、“自分”を表現する音楽業の両立は容易ではない。実際北村も、そのバランスが上手く取れずに苦悩した時期もあったという。
「『仰げば尊し』に出演していた19歳くらいの時は、DISH//の中でも自分が空気を悪くしているくらい、ツンツンしていました。音楽をやっている自分よりも、役者としてのプライドがいち早く芽生えちゃったんです。それがすごい邪魔をして、DISH//でいることが楽しくなかった時もありました」

 それでも、バンドが解散することはなかった。ともに悩み、ぶつかり、ただひたすらに音楽を作り続けた。そして、2017年の『君の膵臓をたべたい』ヒットから3年。YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で北村が歌った「猫」が公開されると、奇しくもコロナ禍と相まって、世界中で“大バズ”を生んだ。同チャンネル初の1億回再生を突破し、現在も再生数は伸び続けている。

「DISH//の取材やプロモーションでも、“北村匠海”という名前が前に出ている感じがありました。でも僕としては、DISH//の音楽が話題性で売れるのは嫌だったんです。そんな中、『猫 〜THE FIRST TAKE ver.〜』は自分しか出てないとはいえ、DISH//のメンバー全員でレコーディング再撮したやつだし、僕たちの音楽をたくさんの人に聴いてもらえたことは、すごい嬉しかったですね」

俳優と音楽どちらも100%、両立の苦悩乗り越え10年「後輩に繋ぐパイオニアになりたい」

 北村にとってDISH//のメンバーと歩んできた時間は、学校では味わえなかった“青春”なのかもしれない。

「みんな音楽がめちゃくちゃ好きで、僕にとってDISH//っていう居場所が特別なんです。もう話すことがないくらい一緒にいるんですけど、今でも僕の家で4人でゲームしたり曲作ったりとか、ただ仲良いだけなんです(笑)。同じ傷も抱えてきたし、同じ喜びも分かち合ってきた、家族でも友達でもない“メンバー”だからこそ、楽しくやっていけるのかなと思います。DISH//がなかったら、俳優も辞めていたかもしれません」
 時にアーティストとしての北村匠海が俳優・北村匠海を助け、俳優・北村匠海がアーティスト・北村匠海を支えているのだという。

「DISH//でいる時は、作詞作曲して、ライブの演出を考えたりと、クリエイティブなことをして、はたまた役者の時は、プレイヤーとして職人みたいなことをして、今では、お互いうまい具合に還元できていると思っています。音楽活動を通して培った感性は俳優業でも役立つし、俳優業で出会った言葉は音楽に活かせたりするので。自分は職人気質で俳優向きなんだと思うんですけど、クリエイティブが好きだから、やっぱりどっちも100:100で続けていきたいですね」

 過酷なスケジュールの中、北村が俳優と音楽どちらも100%で臨むのには、未来の世代への想いもあった。

「今年25歳を迎えて、後輩も出来て、“俳優と音楽を両立したいけど、どうしたらいいか分からないです”と相談を受けるようになりました。まあ気合いかなー(笑)としか今はまだ答えられなくて。でも、色々やりたいと思う彼らが住みやすいように、大それた話ですけど、パイオニアのような存在になっていきたいと思って、両方頑張っている途中です」

20歳で親から届いた“育児満了報告” 「将来、自分の子どもにもやろうと思いました」

 両立に対しての強い風当たりを彼自身がこれまで味わってきたからこそ、後輩たちには同じ思いを味わわせたくないのだろう。25歳にして、つくづく視野の広さに感嘆してしまうが、その言葉通り、DISH//としては6月に『LIVE TOUR -DISH//- 2022「今」』を控える中、俳優・北村匠海としては出演映画『とんび』の公開を今月8日に迎える。
 本作は重松清の名作小説で、実写化は3度目。事故により妻を失った父・ヤスが、人情に厚い町の人々に叱咤激励されながらも、彼らの温かな手を借りて、息子・アキラを育てていく家族の物語。これまでドラマで堤真一&池松壮亮、内野聖陽&佐藤健が演じた親子を、初共演の阿部寛と北村が演じた。

「プレッシャーはありましたが、監督から“北村匠海のアキラでいい、何にも引っ張られる必要はない”という言葉をもらい、アキラという人間を、自分なりに自由に演じられると思いました。あんまり役作りというよりかは、現場でリアルに感じたものをやるっていう感じでしたね」

 妥協なしに1シーンに1日かけたり、納得いくまで何テイクも重ねたりと、「良い意味で諦めのない監督でした」と笑う北村。それでも必死に、“父”・阿部寛に全力でぶつかっていく日々だったと振り返る。
「阿部さんは懐の深さもあるし、本当に器の大きい方だなと。すごいチャーミングな方で、想像してた何十倍もよく笑うし、それでいて作品の柱として感じる存在で、自分も精一杯甘えられました。阿部さんじゃなかったら成り立たなかっただろうなというシーンもいっぱいありましたね。体作りもすごい徹底されているし、方言もとても自然で、改めてすごいなと思いました」
 実父からは、20歳を迎えた際に“育児満了のお知らせ”メールが届いたという。そこには、『本日をもちまして、我々の長男 北村匠海の育児を終了させていただき、ここにご報告させていただきます』という書き出しから、『親の許可なく結婚できる年齢ですが、北村家では親の紹介なくしての結婚は認めませんのでご了承ください』『将来をみすえしっかり貯蓄しましょう。貯蓄が沢山になったら親孝行しましょう』『いつまでも謙虚な気持ちを忘れずにいてください』との3ヵ条が綴られていた。

「あの3ヵ条はずっと心に留めていて、自分なりの親孝行もしました。育児満了メールは弟にも届いたらしいんですけど、自分の子どもにもやろうと思いましたね。『とんび』じゃないですけど、繋いでいきたいです」


(文=神谷内航平)
『とんび』4月8日(金)全国劇場公開
配給:KADOKAWA イオンエンターテイメント

阿部寛/北村匠海/杏/安田顕/大島優子
原作:重松清「とんび」(角川文庫刊)
監督:瀬々敬久
脚本:港岳彦
音楽:村松崇継
主題歌:ゆず「風信子」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索