ドラマ&映画 カテゴリ

篠原涼子、演技は「怖かった」 『ごっつ』のコント経験が切り開いた女優としての新境地

映画「ウェディング・ハイ」

映画「ウェディング・ハイ」(C)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

 映画やドラマの役柄で、“デキる女性”や“堕ちていく女”を見事に演じ切る印象が強い女優・篠原涼子。だが、かつて数々のコントでダウンタウンと渡り合ったほど、“笑い”とのフィッテイングも抜群だ。そんな篠原が主演、そしてコメディの名手・バカリズムが脚本を務めるのが映画『ウェディング・ハイ』。アイドルグループでデビュー以降、バラエティで頭角を現し、ソロ歌手でミリオンヒット、そして今や女優として揺るぎないポジションを確立している彼女のしなやかなキャリアの積み方を聞いた。

今でも「コメディが大好き」 女優業でも確実に生きているバラエティでの鍛錬

  • 映画「ウェディング・ハイ」場面カット(C)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

    映画「ウェディング・ハイ」場面カット(C)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

──本作では、久しぶりにコメディ全開の篠原さんが堪能できました。

篠原涼子私も現場で何度も吹き出してましたね。敏腕ウェディングプランナーの役なのでピシッとしてないといけないんですけど、高橋克実さんのスピーチの場面とか、六角精児さんの余興の解体ショーとか、笑うなというほうが無理な話で(笑)。幸い群像劇なので、自分が映っていないところで存分に笑わせてもらってました。

──脚本のバカリズムさんほか、役者もコメディの名手が揃い踏み。もちろん、かつてバラエティでならした篠原さんもその1人です。

篠原涼子いやいや、私がコント(フジテレビ『ダウンタウンのごっつええ感じ』など)をさせていただいたことを知らない世代もだいぶ増えてますから──。ただ、そうですね。あの頃、バラエティで鍛えていただいた経験はコメディを演じる上で確実に生きているとは思います。

──本作でも仕事に邁進するキリッとした佇まいからの、大仕事を終えた後のふにゃっとした表情のギャップが最高でした。

篠原涼子あそこまで崩したのは監督の指示だったんですけど(笑)。でも実際、周りから仕事がデキると思われている人ほど、実はすごく情けない面を持っているってよくあることだと思うんですね。そういった人間の奥行きというか、ダメで愛すべきところが描かれるコメディが大好きだし、演じていてとてもやりがいを感じます。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索