ドラマ&映画 カテゴリ

中井貴一、「ギャップが…」 内田有紀が最愛の妹から愛人へ“華麗なる転身”

 4月18日から放送スタートするWOWOW開局30周年記念『連続ドラマW 華麗なる一族』の主人公・万俵大介を演じる中井貴一と、大介の愛人・高須相子を演じる内田有紀が、ORICON NEWSの取材に応じ、『続・最後から二番目の恋』以来の共演となった感想や、同作への思いを語った。
――中井さんと内田さんといえば、フジテレビで放送された『最後から2番目の恋』(2012年)、『続・最後から二番目の恋』14年)で共演した兄妹役が印象深いです。

中井はい、その作品以来ぶりです。最愛のかわいい妹が、突如、愛人になるわけですから(笑)。役者同志とは面白いもので、がっつり兄妹を演じると、その後もずっと妹のような感覚が抜けない。別の作品で共演することで払拭したいと思っていましたが、いきなり愛人になるとは思わなかったので、そのギャップを乗り越えるのが最初の作業となりました(笑)。今後は2人でどんな役もできると思います。

内田何でも?(笑) 私にとっては、貴一さんとご一緒する作品が、いつも女優としてのターニングポイントになっていくんです。『最後から〜』の時も「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と慕いながらも、自分を変革して、高める努力をしないと太刀打ちできない現場でした。今回も自分の中で新しい挑戦がありました。共演すると必ずご利益がある。貴一さんの神社を建てたいくらいです。

中井神社?(笑) お賽銭は多めでお願いします。

内田(笑) それくらい神聖な気持ちで今回も演じさせていただきました。
――山崎豊子の傑作小説を原作にした『連続ドラマW 華麗なる一族』は、大阪万博(1970年)を間近に控えた日本の高度経済成長期、富と権力獲得の手段として、関西の政財界で閨閥(けいばつ)を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、一族の繁栄と崩壊が描かれます。内田さんが演じる相子は、中井さんが演じる大介の愛人ということですが、ただの愛人ではない。万俵家の家庭教師兼女執事。万俵家の縁談を司る閨閥作りを担い、その政治力で大介を手懐けている…すごい女性ですね。

内田相子は学生時代にアメリカに留学し、そこで結婚・離婚を経験するなど不遇な人生を歩んできました。それが、万俵家に家庭教師として入り込み、政略結婚のアイデアを出して大介を味方につけると、水を得た魚のように万俵家を仕切っていきます。悪女だと思う方もいると思いますが、私は悪女を演じている感覚はありませんでした。相子にとって大介さんは自分を認めてくれて、居場所を与えてくれた恩人。政略結婚を成立させて、大介さんの望みを叶えていけば、自分の居場所も守れるし、大介さんにも愛してもらえる、その一心で生きている女性だと思いました。歪んだ愛情かもしれませんが…。

――現代の感覚では、妻と愛人が同居するなんてありえないことですが…

中井大介にとっては、相反するものを持っている(妻の)寧子(麻生祐未)も、相子も、両方必要だったんでしょうね。いまの価値観で言ったら、男尊女卑に見えるかもしれないけど、作者の山崎豊子さんは女性。山崎さんが書かれたこの物語は、果たして男尊女卑なのか、女尊男卑なのか、むしろ、ジェンダーレスってこういうこと?というか。万俵大介が最終的にどうなるか、ぜひ、最後までご覧いただきたいですね。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索