アニメ&ゲーム カテゴリ

飼い主さん「不便を全力サポートする覚悟だった」、前足が一本ない保護猫が“うちの子になるまで”描く漫画に反響

  • 「3本足のしじみちゃん」(ホーム社/集英社)

    漫画『3本足のしじみちゃん』(ホーム社/集英社)

 「3本足の猫がうちの子になるまで」というつぶやきとともに投稿された猫漫画がTwitterで話題に。漫画家の天道グミさん(@kawakimon)が投稿したもので、保護猫カフェで出会ったという愛猫・しじみちゃん(キジトラ・推定5歳)とのほっこりエピソードが綴られている。しじみちゃんは知らない人にも寄っていくほど人懐っこい性格をしているが、人間からの虐待で足を1本失ってしまったという過去も。「しじみがかわいいだけで漫画を描き始めた」という天道さんに、猫との暮らしについて話を聞いた。

虐待された過去があっても、“寂しんぼの人間好き”だった

 天道さんと猫のしじみちゃんは、保護猫カフェで出会ったという。漫画『3本足のしじみちゃん』(ホーム社/集英社)には、しじみちゃんとの初対面の際、あまりの人懐っこさに驚く天道さんの様子が描かれている。

「ゲージの中にいたしじみと、パチっと目が合ったんです。私が近づくと立ち上がって、『こちらに興味を持ってくれている!』と思いました。(猫が嫌いなので)ゲージから出ると『シャー!』と他の猫を威嚇したのですが、後にも先にも威嚇をしたのはその時のみです」

 しじみちゃんの性格を「寂しんぼの人間好き」と形容する天道さん。訪れた保護猫カフェでは、人間に傷つけられ怯えた様子を見せる猫もいたというが、しじみちゃんは天道さんのにおいを嗅ぐと膝の上にスッ…と乗り、そのまま甘え始めた。

 保護主さんの話によれば、しじみちゃんは人間からの虐待で両前足に結束バンドを締められた状態で見つかった。強く締め付けられて壊死してしまった右足を切断したため、3本足になったのだ。その過去を聞かされていた天道さんは、酷い目にあってなお、人間に寄り添うしじみちゃんの様子に感激し、自宅に迎えることを即決。すぐに受け入れの準備を整え、正式にしじみちゃんを飼えるようになるためのトライアル生活を始めたという。

「今まで通り、しじみと楽しく穏やかに暮らせたら幸せ」

 天道さんの自宅に到着し、最初はゲージのなかで不安そうに鳴いていたというしじみちゃん。ゲージから出るとまったく警戒するそぶりを見せず、1日目にして「尻を叩け」と合図したり、一緒に眠ったりするまでに。

「出した瞬間探検を始めて。『ここ、おいで』と呼んだら来てくれて。あれ、うちの子だったかな? と笑ってしまい緊張が解けました。足が一本無い不便を全力でサポートする覚悟で臨んだのですが、まったく普通の猫と変わらなくてビックリしたのを覚えています」

 これらの漫画エピソードには「うちの子も同じような環境なので感情移入しちゃった」「家族が見つかってよかった」「それにしても虐待する輩、許せん」など、たくさんの反響が。天道さんは家族の仲間入りを果たしたしじみちゃんの様子を今後も描いていくという。

「しじみが可愛いだけで描き始めた漫画だったので、沢山の方に見ていただけて恐縮しています。しじみは抱っこ大嫌いなんですが、飼い主は好きなのを分かっているのか、とりあえず20秒くらいは大人しく抱っこされてくれるのが可愛いです。超えるとパンチが出ますが(笑)。これからも今まで通り、しじみと楽しく穏やかに暮らせたら幸せです。しじみの漫画は今まで通り週一くらいでアップしつつ、創作漫画のほうも発表していければと思っています」

漫画『3本足のしじみちゃん』(ホーム社/集英社)

虐待に遭い足が3本となったしじみちゃん。けれどハンデをものともせず、走ってたくさん遊びます! 著者Twitter発、幸せ猫エッセイ。
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索