• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • くまモン、コロナ感染防止対策啓発イラストに反響 有事の際に何をすべきか?“ご当地キャラ”の使命を聞く

くまモン、コロナ感染防止対策啓発イラストに反響 有事の際に何をすべきか?“ご当地キャラ”の使命を聞く

 今や国民的に愛されるキャラクターとなった熊本県の「くまモン」が、今年3月に10周年を迎えた。先日、行政機関・病院・団体・学校などにおける新型コロナウイルスの感染防止対策の普及啓発活動を支援するためのアイキャッチとして活用できる3種類のイラストが公開され、注目を集めている。「人の心に寄り添い」活動を続けてきたくまモンが、有事の際に“ご当地キャラクター”だからこそできることや使命について、熊本県知事公室くまモングループ課長の浦田美紀さんに聞いた。

安らぎを感じる場の提供や苦境を乗り越えるための団結への呼びかけが使命

――行政機関・病院・団体・学校などにおける新型コロナウイルスの感染防止対策の普及啓発活動を支援するため、ポスターやチラシなどのアイキャッチとして活用するための「くまモン」のイラストを作成されました。県内外からの学校・病院・企業などの反響はいかがですか?

浦田さん 4月30日現在、450件以上の届出をいただいています。半分以上が県外からのもので、海外からの届出もいただいています。学校、病院、企業、個人等、さまざまな方々にご利用いただいています。

――くまモンが訴える「くっつかないモン」「手を洗うモン」「換気をするモン」の3種類のイラストを見た人の反響はいかがですか?

浦田さん 「くまモンとの約束を守りたい」、「シンプルで分かりやすい」、「自分と皆のために考えて行動したい」など、多くの嬉しいご意見をいただいています。水野学さんのデザインが素晴らしいのはもちろんですが、お年寄りから子どもまで幅広い世代に親しまれているくまモンが呼びかけることで、多くの方に共感を得ています。

――なぜ、日本語版以外に、英語版と中国語版も作成したのでしょうか?

浦田さん 海外のなかでも、くまモンの人気が特に高い中国・香港・台湾において、「中国語版のイラストを作ってほしい」との声があり追加で作成しました。世界中で感染が広がっている今、くまモンのイラストを海外でもご活用いただきたいと思っています。

――このイラスト以外に新型コロナウイルスに関する取り組みを行っているのでしょうか?

浦田さん くまモン自身は、2月22日からは活動拠点である熊本県熊本市にある「くまモンスクエア」への出動を休止し、3月14日、15日に開催を予定していた『くまモン誕生祭』を延期しました。現在、くまモンの出動は自粛していますが、その情報発信力を最大限に活かし、SNSを通じて感染予防の呼びかけを行っています。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索