アニメ&ゲーム カテゴリ

邦キチ!映子さんが熱くプレゼンする特撮時代劇『BLACKFOX: Age of the Ninja』の魅力

 『日ペンの美子ちゃん』などでお馴染みの漫画家・服部昇大による『邦キチ! 映子さん』をご存知だろうか? 映画好きが高じ「映画について語る若人の部」を立ち上げた進学校に通う小谷洋一と、周囲からよく“邦キチ”と呼ばれる邦画マニアの邦吉映子が織りなす邦画プレゼン漫画で、これまでに単行本化もされている人気作品だ。毎エピソード、主人公の映子さんが有り余る情熱と独特なセンスで1つの邦画をプレゼンするという内容が「超面白い」「癖になる」「ツッコミが追い付かない」など、SNSでも話題に上っている。
 今回はそんな『邦キチ!映子さん』の漫画を通じ、特撮アクション時代劇『BLACKFOX: Age of the Ninja』の見どころをご紹介。特別に書き下ろされた映子さんによる熱いプレゼン漫画から、作品の魅力をぜひ感じ取って欲しい。

特撮・アクション好きにはたまらない作品! 映子さん・特撮部部員が熱弁

 極めて特殊な視点で映画を楽しむ女子高生・邦吉映子は、邦画作品について一風変わった視点で、日々クラスメイトの小谷に熱くプレゼンを繰り広げている。記念すべき漫画の第1話では、映子さんが大好きだという実写版『魔女の宅急便』を取り上げて、その意外すぎるチョイスに小谷が面食らう様子も描かれていた。
 今回新たに書き下ろされたストーリーのなかでも、映子さんは満面の笑みを浮かべながら『BLACKFOX: Age of the Ninja』についてプレゼンしていくが、小谷に「何の話だ?」「知らん…」といつものように返されてしまう。それでも今年10月5日に公開されて話題を呼んだアニメ映画『BLACKFOX』の連動プロジェクトであること、そのアニメがベースとなった実写のアクション作品であることを伝えていくが、「すまん…元ネタも知らん…!」と謝られてしまう始末だ。
 それでも映子さんは淡々とプレゼンを進めていく。作品の監督を務めたのは「坂本浩一」であることを伝えると、ここでも小谷の頭にはクエスチョンマークが…。するとこのやり取りをなぜか見守っていた特撮部の2人は怒り心頭の様子で、「坂本浩一監督も知らねぇのかこのド素人め!」と、小谷に輝かしい経歴の数々を語り出す。それから「そんな坂本監督が今回京都で撮った本格時代劇がこの作品だ!」と熱く説いた。
 この勢いに便乗するかのように、映子さんは鍵を握る少女役の元°C-uteの矢島舞美がピンチになると雷を放つサイキック少女だということを作品の魅力として挙げた。これに小谷が「本格時代劇が雷を放つか!」と突っ込むと映子さんは「BLACKFOX: Age of the Ninja」が“特撮時代劇”であることを強調する。そう、この作品には特撮出身の俳優が多く出演しているのだ。

 主人公の忍者・石動律花役を演じるのは武術太極拳のジュニアオリンピック3連覇の後、『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』や『そろばん侍 風の市兵衛』といった特撮や時代劇作品に出演経験を持つ山本千尋、さらに忍者一族の当主役には和製ドラゴンとして知られるアクション俳優・倉田保昭がキャストとして名を連ねた。そういった意味でも特撮・アクション好きにはたまらない作品だと言えそうだ。

(外部サイト)>>「BLACKFOX: Age of the Ninja」を見る

アメリカ仕込みのテンポ感 アクションへのこだわりが随所に

 前述の通り、特撮時代劇『BLACKFOX: Age of the Ninja』は、SFアクションアニメ『BLACKFOX』(Studio 3Hz)との連動作品だ。アニメ版では近未来の“忍者一族の末裔”が描かれているが、時代劇版では“アニメ版の祖先にあたる女性忍者”の活躍を物語のメインに描く。アニメの主要設定をベースにしつつ、「特撮アクション時代劇」として世界観を拡張したオリジナル作品となっている。

 今回、『邦キチ! 映子さん』で『BLACKFOX: Age of the Ninja』を紹介した漫画家の服部昇大氏は、あらためて作品の魅力を次のように語る。

「映画は自分も馴染みのあるニチアサなどの東映作品っぽいテンポの良さもあって、とても楽しく観れました。自分も坂本浩一監督の作品のファンだったので『こういうすごい監督がいるんだ!』ということが特撮ファン以外にも伝わるといいなと思って描きました。特に女性の方々のアクションシーンが誤魔化しなく本格的に撮られていて凄かったです。東映の特撮作品って女性のアクションシーンも結構多くてかっこよかったりするので、この作品ではそこが大々的にフィーチャーされていて嬉しかったですね。」

 監督をつとめた坂本浩一氏も、本作の出演陣は“本物のアクションができる”という条件でキャスティングしたと語っている。リアルなアクションにこだわりつつ、ピンチになると雷を放つという斬新な演出も作品の中では見られる。伝統を受け継ぐスタッフと、アクションを愛する俳優たちが共に作り上げた“新時代の特撮アクション時代劇”。ぜひチェックしてみよう。

『BLACKFOX: Age of the Ninja』特別上映にDVDも発売

「BLACKFOX: Age of the Ninja」の特別上映が決定。山本千尋や矢島舞美をはじめとするキャストも集合。
日時:12月16日(月) 19:00 開演 [18:45 開場 ] 20:33 舞台挨拶
場所:新宿バルト9
登壇キャスト:坂本浩一監督、山本千尋、矢島舞美、大久保桜子、久保田悠来、宮原華音、出合正幸、島津健太郎ほか 
司会:笠井信輔
舞台挨拶の模様は、公式TwitterでLive 配信:https://twitter.com/BLACKFOX_Ninja

「BLACKFOX: Age of the Ninja」Blu-ray &DVD発売詳細はこちら
https://www.toei-video.co.jp/special/blackfox-movie/

Amazonプライム・ビデオほかで絶賛配信中!
http://bit.do/ffBMv

Sponsored by 時代劇専門チャンネル

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索