ドラマ&映画 カテゴリ

『スター・ウォーズ』インタビュー集

D23 Expo 2019 にて(C)2019 Getty Images

 今年8月、米カリフォルニア・アナハイムで、2年に1回開催されているディズニーファンの世界的祭典『D23 Expo2019』。そこで行われた、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)のプレゼンテーションに登壇したスタッフ・キャストたちが、世界各国から集まったメディアの取材に応じた。

J.J.エイブラムス監督

J.J.エイブラムス監督(C)2019 Getty Images

J.J.エイブラムス監督(C)2019 Getty Images

――4月に解禁された『スカイウォーカーの夜明け』の映像でパルパティーンの復活が暗示されました。スカイウォーカー家の物語を終わらせるために、パルパティーンは必要だったのでしょうか?

J.J.エイブラムス監督
 彼は重要だった。いや、不可避だったね。『フォースの覚醒』(エピソード7)を手がけ始めた時から、僕は、エピソード1から6の続きであることを強く意識していた。新しいキャラクターが出てきて、新しい物語を展開するが、それらの新しいキャラクターも、皆、同じ世界に住んでいるんだよ。彼らの歴史は、僕らがこれまでの映画で見てきたことなんだ。彼らはそれらについて聞いたり、見たりしたことがある。『フォースの覚醒』でレイは、ルーク・スカイウォーカーについて聞いたことはあるものの、彼が本当に存在するのかどうか知らなかったよね? 最後に彼女はルーク・スカイウォーカーが実在することを目の当たりにして、『最後のジェダイ』(エピソード8)で一緒に闘ってくださいとお願いした。

 『スカイウォーカーの夜明け』(エピソード9)も、それらの話の続きだ。ここではスカイウォーカーサーガのテーマ、キャラクター、家族などが、また出てくる。パルパティーンは、自らの失敗から学んだ。だから今回はもっと恐ろしい。これらのキャラクターは、どうして、またどうやって、それに挑むのだろうか? それを見た観客が満足してくれることを願うよ。

――『最後のジェダイ』の監督・脚本を務めたライアン・ジョンソンが、「自分の作品は無視して(エピソード9を)作ってくれて良い」と言ったというのは本当ですか?

J.J.エイブラムス監督
 『フォースの覚醒』を作っている時から、僕はこの先のストーリーがどう進むのか、ざっくりとした構想を持っていた。公開日も決まっているし、『フォースの覚醒』の製作中、僕は本当に忙しくて、エピソード8や9に関わっている暇はなかった。『フォースの覚醒』だけに集中しないといけなかった。

 それでキャスリーン・ケネディ(ルーカスフィルム社長)がライアンを連れてきた。ライアンには『フォースの覚醒』の脚本を読んでもらい、ミーティングもして、僕らがどんな映画を作っているのかを説明した。そして、彼は自分で『最後のジェダイ』の脚本を書いた。そこには僕が驚くようなこともあったが、彼が自分にとって大事だと思うことを書いていたことを、僕は素敵だと思った。それらは、僕が最終的に行きつきたいと思っているところへたどりつく上で邪魔をするものでもなかった。

 僕は8と9に関わる予定ではなかった。結局、エピソード9を監督することになった時、これを自分の手で完結できることに興奮を覚えたが、軌道から外れたものを修正する必要はないと思ったよ。そうは感じなかった。ライアンがやったことに敬意は払うし、それを使うこともする。話を続けるための踏み台みたいな感じだ。

 『最後のジェダイ』で起こったことの中には、ライアンらしいなと思うものがあるよ。僕は彼みたいな映画を作らない。彼は僕みたいな映画を作らない。僕らは違う監督だから。でも、彼が何をやりたかったのかはわかるし、それは僕らが作った映画に大きな貢献もしている。

 『スカイウォーカーの夜明け』で僕が一番気に入っていることのひとつは、新しいキャラクターたちが一緒にアドベンチャーを体験すること。『フォースの覚醒』にはそれがなかった。彼らは出会っただけだったのでね。『最後のジェダイ』にも、それはない。『スカイウォーカーの夜明け』で初めてそれをやることができたのさ。レイとポーが一緒にいるとどんなことが起こるのか、まだ誰も見ていないよね? 彼らは『最後のジェダイ』の最後で会うんだから。このふたりが一緒にいるのはどういうことかというのを見るのは、すごく楽しいよ。ほかのキャラクターたちも同様。僕にとって、これは、今作の最も楽しい部分のひとつだ。だから、『最後のジェダイ』で起きたことについて、僕はただ感謝している。
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索