• ホーム
  • 音楽
  • アイドルの最終兵器・King & Prince、コンサートで見えたジャニーズ“勝利の方程式”

アイドルの最終兵器・King & Prince、コンサートで見えたジャニーズ“勝利の方程式”

デビュー曲「シンデレラガール」のヒットで、快挙を成し遂げたKing & Prince。ジャニーズ事務所の新グループである彼らは、『オリコン上半期ランキング2018』アーティスト別セールス部門 新人ランキング1位に。同曲の期間内の売上は、実に62.6万枚に及んだ。メンバーがドラマで主演し、主題歌も大ヒット…という構図は、かつてはよくあるヒットのパターンだったが、最近ではそこまでの成功はなかなか難しい。なぜ彼らは、デビュー早々に華々しく活躍することができているのか? コンサートの模様から、その魅力と成功の理由を探る。
★キンプリが上半期新人王に メンバー喜びのガッツポーズ!

コンサートで見えた死角のなさ、ジャニーズが送り込むアイドルの最終兵器

 時代の変化を感じた。

 こんな衝撃は、12年前の2006年、KAT-TUNがデビューしたとき以来かもしれない。あのときも、“これが今どきのアイドルなのか”と、それまでのアイドルに求められていた雰囲気を覆すような迫力に驚かされた。フレッシュでファンタジックなキラキラ感を封印し、“ギリギリで生きていく”ことを宣言した「Real Face」の歌詞に、20歳前後の若者たちのギラギラしたリアルを見た。

 8月10日に横浜アリーナで開催されたKing & Princeのデビューコンサートを鑑賞してまず思ったのは、「これは、平成が終わろうとする年に、ジャニーズが世間に送り出した“アイドルの最終兵器”だ」ということだ。ルックスはもちろんのこと、歌もダンスもチームワークも、それぞれの抱えているストーリーにしても、とにかく死角がない。ファンであればもちろんのこと、彼らにまったく興味がない人でも、彼らのコンサートを観れば、夢のように甘く美しいこの世界に癒されたり、うっとりしたり、自然に笑顔になったりするのではないだろうか。それほどKing & Princeのデビューコンサートは華やかで、フレッシュでパワフルで、キラキラしていた。何よりも彼らのパフォーマンスや演出が、“ファンファースト”の精神に基づいていた。こんなに“おもてなし感”のあるコンサートは日本ならではであり、もっといえばジャニーズならではと言えるだろう。とにかく、3時間のコンサートがこれでもかという驚きの連続だった。

デビュー公演3時間を飽きさせない、演出の妙

 まず、オープニングで度肝を抜かれた。ステージ上を大勢のジャニーズJr.たちが埋め尽くす中、宝石箱のような薄くて大きな箱が空から降りてきた。メンバーの登場を今か今かと固唾をのんで見守っていると、その宝石箱の蓋が開き、中から、King & Princeが現れたのである。まるで、6人がプレシャスな宝石であるかのように。オープニング曲はもちろん「シンデレラガール」だが、このキラキラしたアイドルの王道ポップの次に、ロックなテイストのアップチューンが続き、その“オラオラ”な歌いっぷりが、単純に甘くて優しいだけじゃない、イマドキの男の子っぽさや野性味を感じさせた。4曲目には、メンバーの名前を呼び合うコール&レスポンスも楽しいメンバー紹介曲を披露。普通なら何年かのキャリアを経て作られるはずの紹介曲が、デビュー公演のために用意されていたことにも感心した。コール&レスポンスで一体感を得るのは、ジャニーズコンサートのお約束だが、そのテッパンの一体感をデビュー公演に盛り込んでくるとは。

 オープニングこそ派手だが、そのあとでメンバーはステージの外周をよく走り、よく手を振って、よく笑って、よく汗をかいた。天空から舞い降りた王と王子だけれど、その根底にあるのは、「俺を見て!」ではなく、「一緒に楽しもう!」というサービス精神だ。終盤では白いシャツのボタンを外し、上半身をはだけるパフォーマンスもあった。また「シンデレラガール」はメンバーの岸優太が振付けた、ファンと一緒に踊れるバージョンとロックバージョンもあり、キラキラしたアイドルポップとはまた違う表情を覗かせ、それも楽しかった。セットリストには、ラップ曲や、K-POPばりにガシガシ踊る曲あり、全体的に彼ら6人のパフォーマンススキルの高さも感じられた。とにかく、これまで様々なジャニーズのコンサートで盛り上がったすべての演出が詰め込まれていて、3時間まったく飽きさせない。むしろ、ドキドキのしっぱなしだったのではないかと思う。
★デビューコンサート、王子様衣装のキンプリ

2パターンあるデビューの形、“サプライズ”の難しさも

 このように死角のないコンサートを見せたKing & Princeだが、グループとしては今年春にデビューしたばかりの新人だ。ジャニーズ事務所の“デビュー”には大きく分けて2つのパターンがある。V6や嵐、NEWS、Hey! Say! JUMP、Sexy Zoneら、バレーボールワールドカップのタイミングでグループが結成されたパターンが1つ。もう1つは、TOKIOや KinKi Kids、タッキー&翼、関ジャニ∞、KAT-TUN、Kis-My-Ft2、ABC-Z、ジャニーズWESTのように、ジャニーズJr.時代からグループで活動していた者たちが満を持してデビューするパターンだ。

 King & Princeは、2015年にテレビ朝日のイベントの応援サポーターとして結成(当時はMr.King vs Mr.Prince)、以降2つのグループに分かれて活動した。一見、ワールドカップ組と似ているようにも見えるが、デビュー以前からテレビ出演を果たし、Jr.グループとして高い人気を誇ったことを考えると、“満を持して”のデビューと言っていいだろう。

 前者のパターンを応援する際の楽しみは、“成長していくこと”“関係性が変化していくこと”。ファンも、そのストーリーの一部になって、一緒に変化していけることが最大の醍醐味といえる。一方、“満を持してのデビュー組”には、最初からグループにある程度のファンがついている。だが、それゆえにデビュー曲にジャニーズらしい“サプライズ”を持ってくることは難しくなるのだ。
★キンプリ、デビューイベントの模様は?

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!