• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン2018年上半期音楽ランキング】AKB48がV8 乃木坂46・欅坂46がミリオンを記録

【オリコン2018年上半期音楽ランキング】AKB48がV8 乃木坂46・欅坂46がミリオンを記録

 2018年の音楽の上半期ランキングが発表された。AKB48が、シングル部門で8年連続上半期1位を獲得。さらにアルバム部門でも2014年以来となる1位を獲得し、両部門での1位となった。ミリオンセラーを達成した乃木坂46、欅坂46はもちろん、アジア発の9人組ガールズグループ・TWICEが急上昇、デビュー曲が大ヒットしたKing & Princeなどのニューフェイスも含め、アイドル勢の強さが光った。一方、アルバム部門2位につけたのは今年の9月に引退を発表している安室奈美恵のラストアルバム。2018年上半期の音楽シーンを賑わせた作品を振り返る。
【シングル】 1位〜25位26位〜50位
【アルバム】 1位〜25位26位〜50位
【アニメシングル】 1位〜20位
【アニメアルバム】 1位〜20位
大躍進の乃木坂46から喜びの声が到着!

AKBがシングル・アルバムともに1位を獲得 一方でアイドル戦線の風向きに変化の兆し?

 今年上半期のシングル部門の1位を獲得したのは、AKB48の「Teacher Teacher」(174万枚)。これで2011年以降、上半期のシングルランキングを8年連続でAKB48が制したことになる(年間シングルランキングも2010年〜2017年の8年にわたり1位をキープし続けている)。さらに、今期はアルバム部門においても『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』(61.1万枚)が1位にランクイン。上半期におけるAKB48のシングル・アルバム両部門での1位獲得は、2014年の「ラブラドール・レトリバー」『次の足跡』以来、4年ぶりのことだ。

 その一方で、同じく2011年から続いていたAKB48によるシングル1・2位独占の記録が途絶えることとなった。その牙城にクサビを打ち込んだのは上半期アーティストセールストータルで初の1位を獲得した乃木坂46。通算20枚目のシングル「シンクロニシティ」が自己最高となる127.6万枚超えを達成し、堂々2位のポジションへ。加えて、その妹分的存在の欅坂46も「ガラスを割れ!」(100.9万枚)でグループ初のミリオンを記録、4位へと大躍進を遂げた。奇しくも、AKB48の上半期1・2位独占がスタートした直後の2011年夏にその“ライバル”として集められた乃木坂46が、巨大な壁に比肩するまでの成長を遂げ、その背中を見て誕生した欅坂46が過去に類を見ない猛烈な勢いでランキングを席巻した。

 男性アイドルでは、2015年に結成され、この春満を持してのCDデビューとなったKing & Princeのデビュー作「シンデレラガール」が62.6万枚を売り上げTOP5入りし、男性アーティストの中で最上位にランクインする華々しいスタートを切った。

 また、その勢いに一段落ついた印象のあったK-POPアーティストの逆襲も今期の注目ポイントのひとつだろう。日本人3人を含むアジア発の9人組ガールズグループ・TWICEの日本での2ndシングル「Candy Pop」(34万枚)、3rdシングル「Wake Me Up」(34万枚)がそろってTOP10入り。アルバムでは、BTS(防弾少年団)の日本3rdアルバム『FACE YOURSELF』(32万枚)が4位を獲得。さらに、韓国での3rdアルバムであり、全米で初登場1位というアジア・アーティスト初の快挙を達成した『LOVE YOURSELF 轉‘Tear’』(17.3万枚)も11位とBTS旋風が猛威を振るった。今年後半もミュージックシーンの鍵を握りそうだ。

シングルTOP10はすべてアイドルが独占も、異彩を放つ米津玄師の存在感

 ここからは、シングル・アルバム別でのトピックを拾い上げていく。シングルでは、上述したとおり、AKB48、乃木坂46、欅坂46、TWICEなどの活躍もあり、TOP10内に女性アイドルグループの作品が8作を数える結果となった。新陳代謝著しいアイドルシーンだが、その最前線を支える彼女たちの成果が、今後もこのジャンルの活性化を生み出していくはずだ。

 これに嵐をはじめとするジャニーズ・アーティストが加わる形で形成されている観のあるTOP20だが、そんななかにあって、異彩を放つのが12位の米津玄師「Lemon」。ソロアーティストでは最高位に位置した。1月期に放送され話題を呼んだドラマ『アンナチュラル』の主題歌としてリリースされた同曲は、ドラマの世界と見事な融合を見せ、幅広い共感を集めた。これまで“ネット上”において抜群の人気を誇ってきた彼だが、この曲をきっかけとして“一般層”にもファンを拡大したことだろう。

昨年ミリオン達成の安室奈美恵、『Finally』がロングヒットで2位をマーク

 アルバムでは、2017年の年間No.1に輝いた安室奈美恵の『Finally』が2位にランクイン。昨年の年間集計期間内だけですでに177.8万枚を売り上げていた同作だが、この上半期でも40万枚を楽々とオーバー、9月の“ファイナル”をひとつの山として、今後もコンスタントなセールスが見込める。まさに、“モンスターアルバム”である。

 また、2017年にブレイクを果たしたWANIMAのおよそ2年2ヵ月ぶりの『Everybody!!』が6位をマーク。紅白出場などでお茶の間にまで拡大したアーティストパワーを発揮、待ちに待ったアルバムの登場にファンが動いた結果の“バンド最高位”だ。続く7位には松任谷由実の45周年記念ベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』がランクイン。2012年以来のベスト盤の登場だが、それとはまったく重複しない45曲が選曲されている。名曲の多さと、根強いファンの存在を感じさせる。

 10位には、日本では2月に劇場公開されたミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のオリジナルサウンドトラックが入った。収録曲の多くが配信ランキングでも上位に食い込むなど、楽曲の作品力も見せつけていた同作。サントラのTOP10入りはレアなケースだが、『レ・ミゼラブル』『アナと雪の女王』『ラ・ラ・ランド』と続いた、日本におけるミュージカル熱を増幅させるという意味では納得の結果かもしれない。

アニメ部門1位は2年連続『タイムボカン』OP 声優ユニットの楽曲も強さを見せる

 昨年から発表が始まったアニメ部門では、KinKi Kids「Topaz Love」が1位に。2017年上半期のHey! Say! JUMP「OVER THE TOP」に続き『タイムボカン』シリーズのオープニングテーマが連覇を果たした。一方、近年活性化が著しい、声優キャストによるキャラクターユニットも好調。結成から7年人気を保ち続ける『うたの☆プリンスさまっ♪』のST☆RISHをはじめ、『刀剣乱舞』の刀剣男士、『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION』の夜想令嬢、『ラブライブ!サンシャイン!!』のSaint Aqours Snowなど、アーティストによるアニソンと覇を競う形で、シーン全体を盛り上げた。
(文:田井裕規)

集計期間:2017/12/25付〜2018/6/18付
※本文中の売上枚数は、すべて集計期間内の記録。
【シングル】 1位〜25位26位〜50位
【アルバム】 1位〜25位26位〜50位
【アニメシングル】 1位〜20位
【アニメアルバム】 1位〜20位
大躍進の乃木坂46から喜びの声が到着!

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!