アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 【オリコン上半期映像ランキング 2018】三代目JSBライブ作品が2度目の首位を記録!

【オリコン上半期映像ランキング 2018】三代目JSBライブ作品が2度目の首位を記録!

 2018年上半期の映像ランキングが確定した。三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが、DVDランキング、「ミュージックDVD・Blue-ray Disc」ランキングを制し、首位を獲得。Blue-ray Discランキングでは、昨年末に劇場公開された『スター・ウォーズ/最後のジェダイ MovieNEX(初回版)』が1位となった。一般的な認知度はもちろん、ファンによるコレクター的な需要も高い映像作品。音楽、映画、アニメの映像ランキングから、エンタメシーンの今が見えてくる。
【DVD】 1位〜25位26位〜50位
【ミュージックDVD】 1位〜25位26位〜50位
【Blu-ray】 1位〜25位26位〜50位
【ミュージックBlu-ray】 1位〜20位
【ミュージックDVD・Blu-ray】 1位〜20位
【アニメDVD】 1位〜20位
【アニメBlu-ray】 1位〜20位

三代目JSB、2度目の上半期DVD、「ミュージックDVD・BD」首位

 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのライブDVD『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017“METROPOLIZ”』が、21.1万枚を売り上げ(集計期間内、以下同)、上半期DVDランキングの1位を獲得。さらに、音楽DVDとBlue-ray Disc(以下BD)の売上を合算した「ミュージックDVD・BD」ランキングでは、28.3万枚を記録し、首位に輝いた。2016年上半期でも、同様にDVDランキングならびに「ミュージックDVD・BD」ランキングで首位を獲得していた彼ら。今回で、通算2度目の両ランキング首位獲得となった。

 『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017“METROPOLIZ”』は、16年11月から2017年8月まで開催された同名のドームツアーの模様を収録。また、両ランキング4位には、同じく三代目JSBの最新ライブツアー(2017年9月から12月まで開催)を収録した『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2017“UNKNOWN METROPOLIZ”』もランクインしている。三代目JSBは2017年、これら2つのツアー開催により年間ドーム公演数が37公演となり、史上最多記録を樹立していた。今回、映像2作品がともに上位にランクインしたことで、公演はもちろん、彼らのライブ映像に対する需要の高さを見せつける結果となった。

“7人の関ジャニ∞”、最後のライブ映像が健闘

 同じくライブ映像としては、関ジャニ∞の『関ジャニ’sエイターテインメント ジャム』が24.8万枚を売り上げ、「ミュージックDVD・BD」ランキングで2位。ミュージックBDランキングでは首位を記録した(9.4万枚)。こちらは、昨年夏の5大ドームツアーの模様を収録した作品で、3/19付オリコン週間DVD・BD両ランキングで初登場1位を獲得。その後、メンバーの渋谷すばる脱退報道を受け、4/30付の同ランキングでは、5週ぶりにTOP10に返り咲いた。渋谷は今夏に開催されるツアーには参加しないことを明らかにしているため、現状では本作が“7人の関ジャニ∞”による最後のライブ映像作品となっている。

 ほか、「ミュージックDVD・BD」TOP10には、ジャニーズからKis-My-Ft2とNEWSが、EXILEファミリーからはGENERATIONS from EXILE TRIBEがランクイン。バンドではMr.ChildrenとONE OK ROCK、ソロの星野源、男女混合グループのAAAと、タイプは異なるものの、ほぼ男性グループが席巻することとなった。ミュージックBDランキングでも同様だが、そんななかで乃木坂46は紅一点の7位となった。

『スター・ウォーズ』最新作、シリーズ2作目のBD制覇

 一方、BDランキングでは、多くのアーティスト勢を抑えて『スター・ウォーズ』シリーズの最新BD『スター・ウォーズ/最後のジェダイ MovieNEX(初回版)』が19.4万枚を売り上げ首位に輝いた。本作は、“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカーと“新世代”レイの世代交代を軸に描かれた物語で、2017年12月に劇場版が公開。5週連続で興行収入1位を記録したほか、45日間で国内興行収入が70億円を突破し話題になった。

また、同ランキング3位には、サウンドトラックもヒットした映画のBD『グレイテスト・ショーマン 2枚組ブルーレイ&DVD』がランクインした。

『SING/シング』『ミニオンズ』などアニメ映画が席巻、『ラブライブ』も変わらぬ強さ

 アニメDVDランキングでは、アニメーション映画のDVD 『SING/シング』が3.4万枚の売上で首位に。本作は、『ミニオンズ』『ペット』で知られるイルミネーション・スタジオ製作による長編アニメ作品。動物だけが暮らす世界を舞台にしたミュージカルコメディーで、スティーヴィー・ワンダーやレディー・ガガ、テイラー・スウィフトらの60曲を超すヒットソングが映画を彩った。

 同ランキングTOP10は、ほかにも『ミニオンズ』や『怪盗グルー』シリーズ、『メアリと魔女の花』などアニメーション映画が席巻。そんななか、5位と8位に登場したのがテレビアニメ作品の『アイドリッシュセブン』シリーズだ。同作は、スマートフォン向けリズムアクションアプリゲームをアニメ化した内容。作品中に登場するアイドルグループ・TRIGGERによるアルバムは、昨年10/2付で週間アルバムランキング初登場1位を記録。男性声優のキャラクター名義のアルバムとしては、初の記録となっていた。

 アニメBDランキングでは、『怪盗グルーのミニオン大脱走 ブルーレイ+DVDセット』が7.4万枚で1位に。2位には『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』がランクインした。そして、3位の『ラブライブ!サンシャイン!! 2nd Season 1【特装限定版】』を筆頭に、TOP10内に実に6作品を送り込んだのが『ラブライブ!』シリーズ。テレビアニメ第2シーズンを収録した本作も、変わらぬ人気ぶりを見せた。
集計期間:2017/12/25付〜2018/6/18付
※本文中の売上枚数は、すべて集計期間内の記録。
【DVD】 1位〜25位26位〜50位
【ミュージックDVD】 1位〜25位26位〜50位
【Blu-ray】 1位〜25位26位〜50位
【ミュージックBlu-ray】 1位〜20位
【ミュージックDVD・Blu-ray】 1位〜20位
【アニメDVD】 1位〜20位
【アニメBlu-ray】 1位〜20位

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!